10月の30日間チャレンジの課題は以下の通り。

①ノンフィクションの本を読む。

②地元の小さな文学賞に応募する。
 

①は先日も書いた通り、習慣として身についてきた。図書館を利用するとき、実際の書棚を見ながら選ぶと、ノンフィクション系の棚が少なめなこともあってあまり手に取る気にならない。そもそもが超絶に小さい図書館。ネットで検索しながら選ぶと、いつもは手に取らなそうな本でも選べるようになった。これからもその方法で、いろんなジャンルの本を読もうと思う。

 

②は地元のカフェが始めたばかりのゆる~い文学賞をたまたま見つけたので、これなら挑戦できるかもと思い課題とした。文字数の制限も「A4の紙1枚に収まる程度」というなんともアバウトなもので、文章量が少なくても応募できる。ジャンルも文章に属するものならなんでもいいらしい。詩、随筆、小説、etc…。ただしテーマがあって、これが私には非常に難しい。
 

カフェ主催の文学賞だから、テーマは「珈琲の出てくる文章」なのだ。しかし私は珈琲を飲まない。苦手だ。だから珈琲体験が日常では全くない。私が書くとすれば随筆(というかブログ)しかないが、そうなると実体験に基づいてないと面白くない。だが珈琲は飲まない。
 

相方は日常的に珈琲を飲む。最近は豆を買って自分で淹れるということもするようになった。だから豆を買うのにつき合ったりはする。しかし…それだけでA4用紙1枚分の文章が書けるだろうか…。試しに適当なことを書いてみたが、やっぱり面白くない。随筆が無理なら小説…とも思うが、私、創造力がないタイプだわ。

締め切りは11月末なので、もう1ヶ月粘ってみようとは思う。しかし…完成するのか?不安…。




↑以前相方の誕生日に豆を買ったお店。可愛いラッピング&お手紙付きで、とても感じのいいお店だった。カフェインレス、オーガニックの豆を扱っているので、妊婦さんやカフェイン苦手な人はいいと思う。味も美味しかったよ〜と言ってた。




style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="7842646491"
data-ad-format="auto">





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村