ここ数年でママチャリではない、ちょっと高額なスポーツタイプの自転車に乗る人が増えた。通勤で使っている人も多く見かける。そんな自転車ブーム、数年前に我が家にも訪れていた。

初めに相方が「自転車を買う」と言い出した。彼女は車通勤していて日常で自転車は必要ない。日々の足というよりは、エクササイズのために自転車を使用するということ。知らない間にいろいろ調べていた相方は「クロスバイク」を買うと言う。クロスバイクはロードバイク(ツール•ド•フランスなどの自転車レースで使用されるようなヤツ)とマウンテンバイク(未舗装路を走るヤツ)の中間くらいの自転車。タイヤはママチャリとあんまり変わらない太さで、舗装路でもちょっと悪い道でも走れる。
 
↓それで買ったのがこちら。「TREK7.3」
IMG_0100

買った当初は、車で30分弱の通勤路を1時間かけて自転車で通ったりしていた。そんな相方を見ていて影響される私。(すぐに人の影響受けるタイプ)私は自分の足以外の移動手段がなかったし、自転車くらいあってもいいよね~と自分に言い訳しつつ購入を決める。
 
↓それで買ったのがこれ。「BRUNO Minivelo Road Drop 20」
IMG_0101
 
なぜ相方のようなタイヤの大きいのにしなかったのか。それは、こういうスポーツタイプの自転車は、基本的にサドルにお尻を乗っけたら足が地面に着かないから。購入する自転車を選んでいた時点で、相方の自転車を試しに借りたら、全然乗りこなせる気がしなかった。止まる時にサドルからお尻を外すんだけど、怖くて上手くできない。

本当はミニベロ(タイヤのちっさい自転車)でもサドルを高くするのが普通なんだけど、自転車屋さんのおじさんが「街乗りだったら足着いた方がいいよね」とギリギリ足がつく高さに調整してくれたのだ。タイヤ小さいけど、ちゃんと早く走れるんだぞ!登り坂なんかは、タイヤが小さい方が漕ぎやすいし。

私も買った当初は通勤に使用していた。徒歩で30分強、自転車なら15分もかからずに着く。うーん、私の場合は自転車使用で運動量が減ってしまうな。今は再び徒歩通勤している。理由は…こういう自転車って乗る準備、とめる時とかいろいろ面倒臭いことがある。

まず乗る時。自転車が乗れるような服を選んだ上で、ズボンのすそをバンドで留める。鞄も背負えるものを選ぶ。ヘルメットも着用。うちは部屋が2階なので、玄関から地面まで自転車を担いで階段を下りる。ママチャリより軽いとはいえ、結構しんどい作業。大家さんが「外に置いてもいいよ」とフェンスで囲まれたスペース(屋根付き)の鍵を貸してくれたが、外においておくと汚れが気になるのでやっぱり部屋置きしてる。
 
会社に着いてとめる時。こういう自転車はもともと鍵がついてないので、別にワイヤー等でできている鍵をかける。盗難対策に駐輪場のポール等を引っ掛けつつ。ライト類も後付けなので、これも盗難対策に回収。次に乗る時につけ直す。


↑私が買った物が見当たらないので、だいたいこんなものと言うイメージで載せてみた。 

 
会社だと駐輪場がきっちりあるけど、途中でどっかに寄りたくなったらまた面倒。ワイヤーロックを引っ掛ける場所を見つけられるのか、そもそもロックをいちいちかけるのが面倒とかね。「そこまで盗難を気にせんでも」とは思うけど、ママチャリでも過去2回盗まれた経験があるから、やっぱり対策はしたい。
 
通勤は無理でも休日に2人でレジャーに使用はできる。実際に私も自転車を買ってからは、何度かレジャーで使用した。毎週のようにうどん屋巡りがてらのポタリング(自転車での散歩)。今は草ぼうぼうで使用されてる様子のない地元のサイクリングコースを、片道2時間かけて走ったり。お隣の市までかき氷を食べにいった時には、途中の山越えの坂で死にそうになった。
IMG_0110
↑サイクリングコースの始点辺りにある狸の石像の前で。
 
最近は自転車愛好者向けのイベントが各地で行われている。私たちも一度だけ参加したことがある。小豆島で行われた「オリーブサイクリング」だ。自転車と共にフェリーで島へ渡り、それぞれのおペースで自転車を走らせる。タイムや順位を競うのではなく、景色を楽しんでサイクリングしようというもので、初心者でも大丈夫かなと参加したら死んだ。
 
コースは確か40キロ位の短い方を選んだ。島だし、そんな山道ないから大丈夫だろうと思ったら、島って案外海沿いの道が坂だらけなのね。途中から坂を漕いで登ることができなくなり、そのうちペダルを漕ぐこと自体ができなくなった。最後はずーっと自転車を押しながら歩く。一応はゴールしたけど、これで「完走」と言えるのか?船で戻ってきて、港から自宅まで自転車で移動しないといけないのだが、もう太ももは上がらない。仕方ないので、港と家の中間の位置にある私の職場まで歩き、そこに自転車を置いてあとはバスで帰った。
 
そのイベントを最後に、自転車に触れてない私たち。2台の自転車は玄関は行ってすぐのところに、巨大なオブジェと化して鎮座している。…ごめんね、自転車たち~、そのうちまた乗る日がくるはずだから…。
 
自転車…燃料もいらず、整備も自分で(うちは相方が)できる非常にエコな乗り物だ。置き場所も取らないし、渋滞知らず。スポーツタイプのものだと、軽いのでスピードも結構出る。雨さえ降らなければ、移動手段としてなかなか良い乗り物である。ダイエットの手段としても効果的な運動ができる。そんな魅力的な乗り物を所有しているのに活用していない我が家。…もったいない。月に1回でいいから、週末にレジャー活用しようと固く心に誓ってみる。




style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="7842646491"
data-ad-format="auto">