キッチンで使っているパックスナチュロンのスポンジが、使い始めてから半年以上経過してさすがに古くなってきたので、先日新しいのと交換した。

今までのも「まだまだ使える」と思ってたけど、新しいのと比べると一回り小さくなって、色も黄色っぽく変色していた。ちょっと綻びも出てきてたし。(写真とっとけば良かった)それでもこんなに長く持つとは、さすがパックスナチュロン。オススメ。

今回はそのスポンジの相方とも言える食器用洗剤について書こうと思う。

うちも以前はフツーに 油汚れの良く落ちると評判の「ジョイ」とか使ってた。

確かに良く落ちる。泡立ちもいい。でも…なんとなく肌荒れして痒くなるような気がする…。年のせいで、肌のバリア機能が落ちているのかも知れない。というわけで、肌に良さそうなのをいろいろ試してみることに。

当時洗濯洗剤はミヨシの「そよ風」を使っていたので、同じミヨシの食器用洗剤を試してみる。

肌は痒くならない。汚れ落ちもフツーかな?でも…こういう石けん系の洗剤って上手に使わないと、洗った後の食器の表面になんとなーく膜ができたようになる。キュキュッとならない。私はあんまり気にしてなかった(←雑)けど、相方からの不評を受けて使用を断念。

次はこちら、サラヤの「やしの実洗剤」。

こちらは合成洗剤だけど、よくある「ジョイ」とかはよりは界面活性剤の割合が低いみたい。泡立ちもよいし膜もできない。合成洗剤にしては手荒れも気にならない。よしよし。


その後我が家では「生協生活」が始まった。それにより、極力お店での買い物をしないようにしたので、食器用洗剤も生協のカタログから選ばないといけない。石けん系の洗剤しか注文できない生協では、「やしのみ洗剤」は買えない。というわけで、カタログにある洗剤を適当に試してみることに。

結局パックスナチュロンの洗剤にたどり着く。しかし…やっぱり石けん系というのはミヨシの洗剤と変わらないので、やっぱり洗った後に膜ができる。うーん。詰め替えの大パックを買ってたので、使い終わるまで困るなーと思ってコツを調べてみた。


【石けん系食器用洗剤を使うコツ】
  • 予め汚れを拭き取るなどしておく。
  • 目の粗いスポンジでよく泡立てる。泡が薄まったら洗剤を足す。
  • すすぎ待ちの食器に水をかけない。ためすずぎもダメ。洗剤が薄まると汚れが食器に戻る。
  • 合成洗剤から切り替えてすぐは、前の洗剤の成分が残って膜となる場合がある。

一応相方にも伝えてやってみたけど…雑な私がやると洗い上がりにダメだしが出る。というわけで「やしの実洗剤」に戻し、食器用洗剤はたまにドラッグストアで買うことにした。私がもっとちゃんとできればいいんだけどね…。大雑把ですんません。





style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="7842646491"
data-ad-format="auto">





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村