ブログ開始と同時に始めたこの「30日間チャレンジ」、最近もう「課題を決める意味あるのか?」状態になってきたな…。一応今月の報告。

12月のチャレンジ。
①裁縫をする。

②書評を書く。

③夜の瞑想


①の裁縫は11月に引き続いての課題。メタルラックに並べた本の上にかぶせるカバーを作る予定だったけどやってない。最近は週末毎の掃除の際にはたきでパタパタやっているので、カバー自体いらないかも…と言い訳してみる。でも布類を増やすと、その分洗濯の手間も増える訳で。というわけで、この課題は継続しないことにする。


②の書評はブログの話。前からたまーに読んだ本の感想を書いていたけど、それを週1回は書くようにしようというもの。今月書いた書評は以下の4つ。

「着るということ」(水野正)
「にじいろガーデン」(小川糸)
「宝塚に咲いた青春」(玉井浜子) 
「見えないから見えたもの」(竹内昌彦) 

一応課題クリア。これは今後も続ける予定。課題にしなくても、習慣になってきたかも。 


③の夜の瞑想、これは記事としても書いたけどなかなか難しい。結局一度も試みることすらしてない。うーん、これはチャレンジの課題というより一生の課題かも。課題とするのは今月で終わりにする。いつか…習慣になることを祈る。「実行あるのみ」 なんだけどな。


来月も一応このチャレンジ自体はやめないけど、課題の決め方を考えた方がいいかも。ブログ関係の課題ならちゃんと取り組めそうなので、その辺りで考えたい。それならいっそ「ブログ頑張る」くらいの課題でもいいんじゃ…という心の声は無視する。




style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="7842646491"
data-ad-format="auto">






人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村