このブログ開始と前後して生協の宅配購入を利用し始めたので、それからかれこれ4ヶ月以上経ったことになる。生協を利用する以前と今との違いを考えてみる。

↓生協関係の過去記事はこちら。
「生協生活」
「生協生活、その後」



店での買い物が激減


「店に行きたくない」が一番の利用動機で、その目的は十分に果たせている。買い物に行く機会がぐんと減った。どうしても他でないと買えないものだけなら、月に1、2回店に行くので何とかなる。前は週に1、2回は買い物してたので、劇的な変化である。


買い物に行かなくていいので、その分の時間を他にあてることもできるし、何より店に行くストレスがないのがいい。



日用品以外の衝動買いが減った
 

日常的に店に行かなくなったことと、断捨離を進めたことで、日用品以外の衝動買いとか予定外の買い物も減った気がする。何か買う必要を感じるものが出てきても「本当に買わないといけない?」と一旦ペンディングして考えるようになった。今回の沖縄行きでも、手持ちの服が不安だから買おうかな~と思ったけど、ちゃんと書き出して考えてみたら、それほど買い足す必要がないように思えてきた。




外食、買い食いの激減
 

生協利用には「自炊の推進」という目的もあった。そのために価格は高めだけど、作るだけの「食材セット」があるO生協(オリーブコープ)の利用を決めたのだ。結果として、外食、買い食いは減った。食材セットであっても、多少の調理は必要なので、これは相方の努力の賜物でもある。
 

前はたまに利用していたコンビニご飯など見向きもしない。高いし美味しくないもの。生協の商品だと、冷凍食品ですら美味しいのだ。素晴らしい。外食も「ご飯作りたくないから」という理由での利用はほぼなくなった。



家計の健全化は…?
 

外食、買い食いを減らすことで、食費を抑える効果も狙っていたが、この部分はまだ経過観察が必要だ。全体的に価格が高いので、上手に買い物しないと却って高くついてしまう。食材セットだって、高いものは2人分で千円くらいかかるので、コンビニご飯の方が安いかもしれない。でもコンビニご飯より数段美味しい。


注文のペースが未だにつかめていないので、月によっては外食や買い食いをしていた頃と変わらないくらい食費がかかっている。冷凍食品や肉類を買いすぎるとこうなる。それほど買ってない月は、高かった月より1万円以上安く上がったので、利用の仕方次第でもっと節約できそうだ。


 

いつでも食材のある生活
 

毎週注文用紙を書くだけだから、買い物のストレスがほとんどない。食材が不足して店に行くのが嫌なので、つい多めに注文してしまう。そしたら…冷凍庫が常に満杯状態。野菜も頑張って食べないとダメになってしまう。いつでも食材があるからこそ、自炊が進むというのもあるけどね。
 

現在も冷凍庫がパンク寸前、次回は卵とかヨーグルトとか確実に無くなるものだけ注文すればいいかも。沖縄行きのことも考えると、冷蔵庫はなるべく空にしておきたいし。




我が家の生協生活はこんな感じだ。重いものを運ばなくてもいいし、ご飯はいつでも美味しい。全体的には生協を始めたのは正解かなと思う。あとは、注文のペースを自分たちのものしないとね。冷凍庫が常に満杯なのはちょっと…。調子にのって買いすぎないように心がけたい。




style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="7842646491"
data-ad-format="auto">






人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村