来週はいよいよ東京行きである。東京も滅多に行かない場所だが、沖縄の時と違って全然焦ってない。というか、沖縄の時は騒ぎ過ぎだったかも。2月の沖縄と4月の東京や香川の気温は丁度同じくらい。沖縄行きで購入した服が使える。他に特に新しく購入するものもない。ホテルや飛行機はとったし、だいたいの予定も決めた。後は当日を待つのみだ。



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="7842646491"
data-ad-format="auto">

 


風花氏の動向

今回の旅のメインイベントは、風花舞氏、姿月あさと氏の出演するタンゴ公演を見ること。先日NEWオープンした風花氏のHPには、タンゴレッスンの風景がアップされている。期待感高まる〜。

バレエから入ったトップダンサーである風花氏も、アルゼンチンタンゴはまた勝手が違うようだ。私の社交ダンスの経験から想像するに、ペアががっちり組んだままのダンスはただ振付ができてるだけでは踊れない。相手とのコネクション、リーダーに身を任せること、音楽と踊りの奔流に乗って自分の意思でない部分で踊ることが必要だ。初めて生で見る風花氏のダンス、どんな風なに仕上がるのか楽しみだ。

一方姿月氏はHPにも特に情報はアップされない。久世氏ほどではないが、あんまりサービス精神のないヤツだな。彼女は歌とダンスの両方での出演。相方は何度も彼女の舞台を見ているが、私はこちらも初めて。というか、宝塚OGで生で見たことあるのは天海氏だけだわ。姿月氏のビロードのような歌声、長身を活かしたセンス感じるダンス、生で体感したら相方みたいにハマっちゃうかな?



久世氏の動向

4月末からは久世氏久々の舞台公演が幕を明ける。今年1年を通して各地で行われる今回の公演、私たちは高知公演に行く心づもりで今回の静岡は見送った。久世氏サイドから稽古の様子が流れてくることは期待していなかったが、公演そのものの情報自体があまりネット上にはない。共演者のツイッターなどから少ない情報をすくい上げては、味がなくなるまで咀嚼する日々。



「壱太郎が舞台『三代目、りちゃあど』出演のお知らせ」 ←歌舞伎公式総合サイト「歌舞伎美人」より。

ポスターの左上には煙草を持った久世氏、なかなかカッコよいではないか。こういう大人の小道具が良く似合う人だ。女性キャストは男装っぽく、男性キャストは女装っぽい。芝居は男女が入れ替わっているような内容なの?とか想像してしまう。公演が始まれば、きっとネット上にも内容の欠片が流れてくるのではと期待している。


元トップペア、それぞれの活動活発化を期待

風花氏は昨年の芝居の公演の後、改めて芸能活動を活発化させるに至った。久世氏は昨年は舞台公演なし、今年はいきなり1年単位での舞台のお仕事。両名とも今年はなんだか活発に活動なさる感じで、ファンとしては嬉しい限り。この調子でコンスタントに舞台のお仕事してくれるといいな〜。

最近は宝塚OGがテレビに出る機会が本当に増えてると感じる。姿月氏もたまにバラエティ出てるし、真琴つばさ氏、遼河はるひ氏とか本当によく見るよね。風花氏や久世氏もたまにテレビで見られると嬉しいな。ドラマだけじゃなくバラエティもいいと思うよ。




style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="7842646491"
data-ad-format="auto">




人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村