世界的には同性婚は「あり」な方向で動いており、日本でも自治体単位で「結婚に準ずる関係」を認める証明書を発行するところが出てきた。行政施策として同性カップルを認める動きが進めば、だんだんと社会全体の意識が変わっていき差別が減ることが期待できる。特に日本人は「お上の決めたこと」「世間の価値観」に影響を受けやすい。そういう大きな意味で同性婚という制度が実現することは、同性カップル全体にとって歓迎すべきことである。

しかし、私は今ある婚姻制度がそのまま同性カップルにも拡大される形なのだとしたら、同性婚が実施されても制度を利用しないかも知れない。今ある異性同士の婚姻の制度は、婚姻届を1枚出せば簡単に婚姻関係が成立するが、この婚姻届がなかなかの曲者だ。この1枚でいろんな契約事項が発生する。財産法上の契約関係の他、扶助や貞操の義務、姓の統一も含まれる。この中には私の感覚では「?」なものも含まれる。



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="7842646491"
data-ad-format="auto">

 

夫婦別姓が実施されない 

現行の婚姻制度で1番「?」と思うのが、夫婦別姓が実施されないこと。国会のおじさんとかは「夫婦別姓により家族関係が崩壊する」とか言ってるらしいが、頭がおかしいのかと思ってしまう。海外の例を引くことの是非は置いといても、夫婦別姓を実施している国はたくさんある。それで家族関係が崩壊したという話は聞かない。当たり前だ。

夫婦別姓にした時に問題になってくるのが、子供の姓についてだ。夫婦別姓実施国では、父親の姓を使用する、父母の姓を結合して子供の姓とするなどの場合があるようだ。それぞれの国の事情に合わせた方法が取られており、例えば母親だけが姓が違ったとしてそれで家庭崩壊しているということはなさそうだ。

そもそも日本において身分の別なく姓を持つようになったのは、明治維新以降である。それまでは武士など一部の人たち以外は、名だけで生活していた。姓だけでなく名だって、年齢によって変えられていたわけだし、「姓や名」を固定することの意味なんてない。人の移動が少なかったような田舎や島嶼部なんかに行くと、その地域に住む人の姓がみんな同じだったりする。そんなところだと、姓が家族や個人を区別する役割すらない。ただ書類上に記載があるのみだ。

マイナンバー制度も始まったことだし、姓名で個人を特定する意味ってもうないよね?もう姓も名の好き勝手つけていいことにすればいいんでは?そうすれば性同一性障害などで、自分の名前に違和感のある人が改名するのも今より簡単になるし、別姓夫婦の子供の姓だってどうにでもなる。



親子関係の定義

よく問題にされる再婚禁止期間や、ちょっと前に改正された婚外子の相続のことなど、いろいろと問題がが多く見られる親子関係にまつわる部分。生殖医療の発達により親子の定義は簡単にできなくなってきているし、結婚しているからと言って妻の産む子供が必ず夫の子とは限らないのは今も昔も同じ。今はDNA鑑定があるから「夫の子じゃなかった!」となっているだけ。

現行の制度ができた当時と今とではいろんな事情が変わってきているし、「そもそも誰のための制度なの?」という視点がもっと必要な気がする。まだまだ社会的な議論をすべき時期だとは思うが、まず子供の権利がきちんと守られる制度になってほしい。そしてもっと養子縁組の制度が、積極的に活用できるようにもしてほしい。同性カップルも含めてね。



私の中の「家族」の在り方

姓の問題1つとっても「?」が浮かびまくる婚姻制度。他にもいろいろ「私の感覚には合わないなー」と思うことがある。そもそも「結婚して家族になる」ということが良く分からない。2人で家族というよりは、実家家族や友人を含む緩やかな人間関係の真ん中に2人でいる感じなのかな?

そういう意味では「同性でも婚姻関係が結べる」ことよりも、「法律上の家族に限定されていた権利を拡大する」ことの方が望ましいかも。必要な場合には血族や姻族でない人と契約関係を交わすが、厳密な契約が必要ないようなことなら普通に友人や地域の人と生活を共にすること。そこには養子や里子のような血縁にこだわらない子育てがあり、血族と無関係に老いを支える人たちがいること。こんな話は夢物語なのだろうか?




style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="7842646491"
data-ad-format="auto">




人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村