昨年末の狩猟イベント、そこで募集していた狩猟体験ツアーへの参加を経て、本当に狩猟免許を取ることにした相方。狩猟体験ツアーで先達や同志に出会ったこと、実地研修を経験したことで、俄然狩猟への熱が高まったようだ。

試験は来週末、今週は地元猟友会開催の試験対策講座でお勉強。また昨夜は、これまた私がたまたま見つけた「ジビエを楽しむイベント」に参加してきた。その名も「野山の恵みの夕ご飯会」。素敵な響きだね〜。



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="7842646491"
data-ad-format="auto">





会場は「藤塚町マルシェ」
 
会場は藤塚町の新しい八百屋さん「藤塚町マルシェ」。こちらのお店は、ことでん瓦町駅構内でも「瓦町えきなかマルシェ」として野菜等の販売をしている。
fullsizeoutput_bdd
「藤塚町マルシェ+瓦町えきなかマルシェ Facebookページ」 
「藤塚町マルシェ+瓦町えきなかマルシェ instagram検索結果」 

もともと地元の苺農園で働いていた店主の中木氏が、野菜農家さんとのつながりの中で野菜も販売するようになり、新しい街の八百屋さんとして独立したとのこと。八百屋と一緒にバーもやりたかったということで、野菜の販売スペースの奥にはバースペースが。
BlogPaint



地元の女性ハンターのジビエ料理!

今回のイベント「野山の恵みの夕ご飯会」は、店主さんのご友人でもある地元かがわの女性狩猟者眞鍋氏によるジビエ料理を楽しむという企画。もちろん材料の獣や鳥たちは、眞鍋氏やお仲間の狩猟者の方が獲ったもの。

最近はジビエ肉を扱うお店も増えてきたが、流通にのらないジビエ肉もいろいろある。今回は「猪」「鹿」といったメジャージビエの他に、「ヒヨドリ」「カラス」という狩りをするものでないとなかなか食べられないジビエまでいただけた。

料理に合わせる飲み物は、店主の中木氏による季節の果物をふんだんに使ったカクテルを楽しむ。新鮮な生の果物をその場で潰したりという贅沢なカクテルが、こんな破格な料金で楽しめるなんて!
fullsizeoutput_bdf
↑今回のイベント用のドリンクメニュー。裏にはノンアルコールカクテルも。冬は苺が美味しい季節とのことで、苺を使ったカクテルが多かった。



地元果物をふんだんに使ったカクテル

fullsizeoutput_be0
↑左がいちごの酸味がちょうど良い「いちごのシェイクマティーニ」、右がはちみつリキュールが結構大人感ある「はちみつリキュールとだいだいのレモネード」。手前は突き出しの「白菜の浅漬け」。
fullsizeoutput_be3
↑「赤ワインのトマトジュース割り」。バイオレットな色から連想するとおりな、カシスのような味がした。
2738C324-F695-43F1-BD77-5710FE3501C8
↑「白ワインといちごのサングリア風」。こちらは「いちごのシェイク〜」よりも、もっとさっぱりな味わい。軽く飲めちゃう!
fullsizeoutput_be7
↑「ピーチリキュールとデコポンのカクテル」。これが私の3杯目でまぁまぁ酔ってたのと、会話に夢中なので味をあんまり覚えてない(失礼すぎ)。




いただいたジビエ料理

fullsizeoutput_be1
↑左から「鹿のたたき」「猪のひき肉にもち米をまとわせて蒸したの」「鹿を山椒と生姜で煮たの」。相方が「鹿肉って他の肉にはない赤身の美味しさがあるよね〜」って言ってた。
fullsizeoutput_be2
↑「鹿と青菜の吸い物」。春菊のクセのある味と菜花の苦味に春を感じる。
fullsizeoutput_be5
↑「猪の角煮」。脂身が全くもたれない感じ。トロトロ〜。
fullsizeoutput_be4
↑「ヒヨドリの炭火焼」。これで半身。なかなか他では食べる機会のないジビエだ。このメニューのためにヒヨドリを獲るのが大変だったらしく、「もうこのメニューは今後しないかも」と眞鍋氏。
fullsizeoutput_bea
↑「鹿の肝とクリームチーズの里芋包み揚げあんかけ」。この辺から、私は限界を感じ始める……。肉ってお腹膨れるよね。
fullsizeoutput_be8
↑「眞鍋さん家の十穀米」。ご飯はセルフサービスだった。相方が食べるというのを味見させてもらった。
fullsizeoutput_bec
↑メイン料理〜。「子猪の皮付きロースト」「鹿の……なんか」「野草のサラダ」「野生人参のサラダ」「根菜のロースト」。皮付きの獣の肉とかって食べたことなかった。面白い。野草は意外と青くささが気にならない。人参は勝手に生えてきたやつらしい。すごいね、自然の恵み。
fullsizeoutput_be9
↑「カラスのロースト」。これで1羽分の胸肉。たまたま獲ったという1羽をみんなで分けて味見。これが……鳥というよりは獣の肉に近い。カラス、食べないと損かも。



たくさんの出会いも

参加人数が限られたイベントだったので、席は指定制だったのだが、たまたま隣に座った方が夏に小豆島であった野外演劇でスタッフをされてた方だった。お話してたら彼女も天海祐希氏ファンだと判明したりと、思わぬ嬉しい発見が!

中木氏や眞鍋氏の他、県の狩猟免許関係の部署の方とお話したり、私たちが目指すイメージに似たベクトルを持つ方々楽しいひと時を過ごす。

地元テレビ局の取材班も入っており、食事風景を撮影されたりインタビューを受けたりと珍しい経験もできた。放送時に映ってたら面白いね〜。
fullsizeoutput_be6
↑厨房での作業を撮影中。
fullsizeoutput_bed
↑イベント終了後にお料理の撮影。

こんな出会いに後押しされて、相方のメインの小商いも動き出しそうな予感。地元香川にも面白いことをやってる人がいたし、そんな方とゆるく繋がっていけるなら、「地元で開業」もありうるかも?って感じになってきた。そろそろメインの小商いの内容も記事にしたいな〜。





style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="7842646491"
data-ad-format="auto">




人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村