関取花ちゃんのファンだと言いながら、先月発売されたニューアルバムは、つい数日前にダウンロードで購入したという体たらく。初めはCDを買おうかと思ってたけど結局聞くのはipadとかだし、ダウンロードで買えば相方とファミリーシェアできるしと思ってねー。

そう決めてituneで買おうとしたら、なぜかパスワードが違うと言われる。最近変えたばかりだから絶対あってるのに!と、そのままで数日放置。改めてやってみたら、大文字で登録したアルファベットを忘れてただけだった……。



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="7842646491"
data-ad-format="auto">





ニューアルバム、どうかな?

ようくやく買ったニューアルバム、聞いて見たら……もの凄く良い!前回のシングルも曲も含まれてるんだけど、アルバムとして聞くと新たな魅力が生まれてたり!
君によく似た人がいる
関取 花
dosukoi records
2017-02-15

↑こちらが先月発売になったニューアルバム。

君の住む街
関取 花
SPACE SHOWER MUSIC
2016-10-05

↑こちらが前回のシングル。3曲入りだよ。



ニューアルバムの魅力解説

今回のアルバムの詳細はこちら。いろんなタイプの曲で構成されていて、花ちゃんのあらゆる要素を1つずつ曲に落とし込んだ感じがする。

【君によく似た人がいる】
  1. この海を越えて行け
  2. 君の住む街
  3. また今日もダメでした
  4. ベントリー・ワルツ
  5. もしも僕に
  6. 僕らの口癖
  7. べつに (Album Edit) 
  8. 黄金の海で逢えたなら
  9. カッコー
  10. 平凡な毎日
  11. それでもいいならくれてやる
では、1曲ずつ簡単に解説してみよう。文中、花ちゃんのHPの解説を借りた箇所もある。

「この海を越えて行け」
花ちゃんの「可憐さ、しなやかさ」がよく出ている曲。傷ついても辛くても、それを超えて前へ進めと、透明感のある声で歌っている。涙が出そう。

「君の住む街」
前回シングルの3曲のうちの1つ。シングル発売時は「なんか花ちゃんらしくないな」と思ったが、タイプの異なる曲の中に置くと、「これは花ちゃんの美しい高音を楽しむための曲だな」と思える。


「また今日もダメでした」
「関取花本人のリアルな日常(?)を歌った曲」らしい。私は聴きながら、「あ、相方のことだ」と思った。「楽して痩せる方法をだらだらしながら考える」「家では極力動きたくない」とか……あぁ、相方と話合いそう。

「ベントリー・ワルツ」
花ちゃん独特の童話のような世界観を感じさせる曲。「ベントリー」って誰?知ってる方いたら教えて〜。一度こういう不思議曲の解説を花ちゃんにしてほしい〜。

「もしも僕に」
「ハマ・オカモト(OKAMOTO’S)やReiも参加」とのこと。私は今回のアルバムで1番好きかもー!もうね、聴きながら泣いちゃうよ。「もしも自分の子供ができたら何を伝えようか」っていう内容なんだけど、そのメッセージの内容が花ちゃんらしい。そして大人だって勇気づけられるよ!


「僕らの口癖」
「自身初のピアノ弾き語り曲」とのこと。いつもはギター弾き語りだから新鮮〜。花ちゃんの綺麗な声は、ピアノの音ととても相性が良い。こういうちょっとアンニュイな曲調も、花ちゃんの持ち味の1つだよね。

「べつに (Album Edit) 」
「行列のできる法律相談所」出演時に「ひがみソング」と呼ばれ話題となった曲。というか、あの番組以前は「ひがみソングの女王」とかいうキャッチフレーズは聞いたことがなかった。面白い曲だよ〜。


「黄金の海で逢えたなら」
「アイリッシュフレーバー溢れる」と解説されてたけど、相方は「ドイツのビアホールでかかってそうだね」だってー。「黄金の海」とはビールのことで、これは「ビール飲もうぜ!」という曲なので、酒場で流すと良いと思う。力強い曲調で、花ちゃんの新しい魅了発見!

「カッコー」
淡い色彩で描かれた絵のようなイメージ。西洋的メルヘンな雰囲気も漂うが、和風な響きもある。面白い。歌詞をよく聞くと結構鋭いことを言っていて、そういう風刺的、教訓的なところも童話っぽいかも。

「平凡な毎日」
こちらも「ハマ・オカモト(OKAMOTO’S)やReiも参加」。人にはそれぞれシビア事情がある。そんな厳しくも日常的な風景を歌っている。花ちゃんの原点を感じる。

「それでもいいならくれてやる」
なんかストリートっぽいかっこよさを感じる曲。そういう曲の方が、却って花ちゃんの女の子らしい可愛らしさが表に出てくる気がする。



どんどん売れっ子になってる







今回のアルバムのプロモーションもあって、日本全国を走り回っている花ちゃん。ちょこちょこ大物?との共演もあったりして、本格的に売れ始めている。みんなの花ちゃんになるのが嬉しいような、ちょっと寂しいような。でも売れたら、カラオケにいっぱい曲入るかな?




style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="7842646491"
data-ad-format="auto">




人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村