「人生完全自給自足!」を目指している訳ではないが、自力でできることが多いと何かと良い。お金の節約ができたり、作る過程を近しい人と共有する楽しさもある。

今回は「自力で家や店舗を直せる、作れる」を目指して、相方を「床張り合宿」に送り込んだ。……そう、実行部隊はいつも相方、私は情報収集係。

「全国床張り協会 HP」
↑キャッチフレーズは「人類は二種類に分けられる、床が張れる側と張れない側である」。




style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">

 


全国床張り協会

今回のワークショップも、昨年冬に受講した「田舎で窯焼きパン屋を開くワークショップ」と同様、「ナリワイ」さんをフォローしていて知ったものだ。前々から「近くで開かれたら、相方に参加してもらおう」と、情報をチェックしていた。



今回はお隣の徳島県で開催、東京から移住してきた方が住む古民家の補修をする。2泊3日の日程で部分参加も可能。参加費には宿泊費と朝食、昼食代が含まれる。指導役の方から教わりながら、素人集団で床を貼り壁を作る。
fullsizeoutput_fbc

王将 黒 丸玄能300g (東型)
王将 黒 丸玄能300g (東型)

↑持参物として必須なのが「玄能」「差し金」「釘締め」だった。
 



写真でレポ
 
今回も相方の詳細な説明はないので、大量の写真を元にレポします。
fullsizeoutput_fad
「葉っぱビジネス」で有名な徳島県勝浦町は、こんな場所である。
fullsizeoutput_fb2
↑今回床を張ったのはこちらの古民家。立派なおうちだね〜。
fullsizeoutput_fa8
↑始めはこんな状態。
fullsizeoutput_fab
fullsizeoutput_fac
BlogPaint
↑こんな感じで床を張るらしい。
fullsizeoutput_fb9
↑出来た!美しい!
fullsizeoutput_fb3
↑こちらは壁を張るための枠作りの様子。
fullsizeoutput_fb4
↑ここに壁を張る。
fullsizeoutput_fb6
↑出来た!右下の穴は猫ちゃんの通路らしい。
fullsizeoutput_fb7
↑何をしてるのかな〜?
fullsizeoutput_fb8
↑こんな焼印を押してたところ。相方は自分の玄能にも押してきてた(上記写真参照)。





広がる人の輪

参加者10数人のうち2/3が女性、へぇ〜と思った。大工仕事もさることながら、他の参加者との交流にも収穫があった様子。何人かの方と連絡先交換し、方向性の似た同士交流を続けられたらというところ。最近こうして、どんどん知り合いの増えている相方なのだ。
fullsizeoutput_fb0
↑夜はBBQだったんだって〜。楽しそうだね〜。
 



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">




人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村