我が家では長年「ティファール」のセットを使ってきた。一緒に住み始めた時、相方が実家で新品状態で放置されていたのをくすねてきたもの。


 
こういう鍋って、だんだんとコーティングがダメになって、普通の鍋よりこびり付きやすくなるよね?そうやって初めは3つあったフライパンが1つずつ姿を消し、とうとう最後の1つも限界を迎えた。



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">




「RIVER LIGHT 極」

熟考の末、我が家で購入したのは「RIVER LIGHT 極」の炒め鍋26センチ。フライパンではなく炒め鍋にしたのは、2人分のパスタくらいは作れるくらいの、ある程度の深さが欲しかったので。26センチにしたのも、容量と自分たちが持てる大きさのギリギリのラインを考えてのこと。
E99664B4-6FB9-4A4D-B2CE-2E45D62EA56A

 


サイズとか深さはいいとして、「どこのメーカーのものを買うか」で相方がかなり悩んでいた。いつまでも決めてくれないでので、「決めないなら、その辺のホームセンターで適当に買うよ?」と急き立てる。そしたらやっと本腰を入れて検討に入るのだった。 



他に迷ったメーカー

コーティングの問題他、相方の好みで「鉄のフライパン」を買うことは決まっていた。有名メーカーがいくつもあるので、どれにするか迷いに迷う相方。迷った末に他のメーカーをやめた理由を書いてみる。

【他のメーカーを買わなかった理由】

  • 「TURK」←重い。取っ手部分までむき出しの鉄なので、いちいち布を当てないと持てないのが面倒。



  • 「柳宗理」←ちょうどいいサイズのがない。現物を近くのお店で見ることができなかった。



  • 「ビタクラフト」←こちらの打ち出しフライパンは「山田工業所」とのコラボ商品なので、それなら「山田工業所」のを買えばいいのでは?と思った。そしてとても高い。



  • 「山田工業所」←最後まで悩んでいた。ネットの口コミを当たると、「ややプロ向き」とあった。



選ぶ時のポイント

いろいろ悩んだ末、「RIVER LIGHT 極」を購入。その時悩んだポイントをまとめてみる。

【フライパン選びのポイント】
  • 鉄なのか、コーティング加工なのか?←キッチンがガスなのかIHなのかでも変わってくるよね。
  • 打ち出しなのかどうか。←継ぎ目がない方が、お手入れがしやすい。
  • 重さ、サイズ感。←重すぎると使わなくなる(前科あり)。フライパンは1つしか所有しないので、料理の都合も大事。
  • 扱いの難しさ。←鉄フライパンは「油ならし」など、コーティング系では必要ない手間をかけないといけない。その難しさの度合いがプロ向き過ぎても、家庭では持て余す。
ネットの口コミを見て、「RIVER LIGHT 極」は難易度が我が家でも許容できそうだと判断したようだ。どうせほぼ相方が使うものなので、相方が大丈夫と思えばそれでいい。昨日油ならししてたので、デビューの日も近い様子。



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">




人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村