先日何人かのL友と久しぶりに会う機会があった。もともと相方の友人で、私と付き合う前はよく遊んでいた人たち。

「久しぶりー、元気だったー?」という挨拶の後、近況などを話していると、「付き合ってもう何年?長続きしているねー」という発言が。今日はこの「長続きしてるね」発言問題について。久々に押しつけがましい私の意見を書くぞ〜。




style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">

 

長続きしないLGBT業界のカップル

長年付き合っているカップルに対して発せられる「長続きしてるね」という言い方、LGBT業界では時々聞かれるものだ。

私は相方と付き合ってもうすぐ7年、身近なLGBT関係者で私たちより長いカップルは……1組しか思い当たらない。法的関係を結べないからなのか、世間の差別からなのか、長続きするカップルが少ないのが現状。だからこそたった7年の付き合いでも、賛美の意味を込めての「長続きしてるね」発言をいただくことになる。



裏側にある「いつか別れる前提」

でもね〜、男女のカップルに「長続きしてるね」なんて言わなくない?「長続きしてるね」の裏側には、「いつか別れる前提」「長続きしないのが普通」という意味が感じられる。

法律婚の男女カップルにこの発言をしたら、「私たちが離婚することを望んでいるのか?」「そんなに仲悪そうに見えるのか?」なんて怒られるよ!この発言が許されるのは、過去に落ち着きのない恋愛で浮名を流したような色男、色女に対してだけじゃない?



LGBT当事者の諦め

この「長続きしてるね」発言、LGBT関係者じゃない人はあまり言わない。異性愛の世界では「番ったカップルは添い遂げるもの」っていう考え方が固定しており、長続きするのが当たり前だからだろうな。

「長続きすること」が良いか悪いかは別にして、この発言から感じられるのは「LGBT当事者の諦め」である。自分たちは世間の隅っこで隠れて生きるしかない人種であり、日陰者の恋愛は長続きしないものなんて考えているのではないのか。

あのね〜、そういう考え方が自分を日陰者にしてるって気付いてないの?自分で自分の在り方を認められないのに、社会が認めてくれるわけないじゃん!




まずは当事者の意識改革から

「LGBT」なんて言葉がメディアで取り上げられる機会も増えたけど、LGBT当事者を取り巻く環境は優しいとは言えない。社会を変えたければ、まず自分たちの意識から変えないとね〜。

たまに「意識低い系当事者」に会うと、「あなたたちはいつまでも日陰者でいたいのか!」って思う。私は今でも燦々と降り注ぐ陽の光のもとで生きてるけど、皆さんもそうなりたくないの?こっちはのびのびとして楽しいよ〜?しかし、決してカミングアウト強制派ではありません。あくまでも意識の問題。

というわけで、世間で大流行りの「LGBT研修」、当事者の意識改革もやった方がいいと思いますよ。




style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">




人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村