昨日の花組大劇場公演観劇レポの記事は、お陰様でアップ当日のアクセスとしては過去最高を記録しました。久世氏のお仕事関連のレポートを書いても、悲しいかな、はっきりいって集客力はあまりない。当たり前ではあるが、リアルタイムで宝塚を愛好している方々の圧倒的な数とエネルギーを感じた次第。

本日は「宝塚大劇場」について、私がどのように楽しんだが書いていこうと思う。「初心者」が「ひとり」で行っても、こんなに楽しめるよ〜ということをお伝えして、これからムラデビューを目論む方々へのエールとしたい。



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">





宝塚南口駅から武庫川へ
 
宝塚大劇場へは、阪急の「宝塚駅」からも「宝塚南口駅」からも歩いてすぐ。せっかくなのでまず「武庫川」を拝みたいと、手前の「宝塚南口駅」で下車。fullsizeoutput_109c
同じ駅で降りた人は皆同じ方向に歩くので、流れに乗って歩いていると「宝塚大橋」登場。
fullsizeoutput_1098
あ、大劇場が見えてきたぞ!とうとうやってきたのね〜と、感慨一入な瞬間。
fullsizeoutput_1094
音楽学校は大劇場のすぐ横にあるのね〜。そんなことも知らないムラ初心者。
fullsizeoutput_10a0
あ、「手塚治虫記念館」だ! 時間があったら寄ろう〜と思ってたら忘れてた。



花の道
 
fullsizeoutput_109d
宝塚といえば「花の道」である。テレビのバラエティー番組で紹介されてるのを見たことあるけど、想像してたより下の道との高さの差がないのね。 
fullsizeoutput_1093
犬の散歩などしている人もいて、地元の人の散歩道になっている様子。楽屋口に近いところには、入り待ちしてる人、入り待ちのファンを見ている人(私とか)がたむろしていた。もう主要な方々はほぼ楽屋入りした後だったみたいで、あんまり人はいなかったけど。
fullsizeoutput_109b
バラなど植えられている。こちらは「ベルばら」コーナー。
fullsizeoutput_1095
宝塚の花といえば「スミレ」。季節じゃないようで、花は咲いてなかったけど。
fullsizeoutput_1096
大劇場の入口に近いところに、小林一三大先生の像も鎮座。 



いよいよ大劇場へ!
 
fullsizeoutput_109a
花の道でウロウロしたのち、いよいよ大劇場へ足を踏み入れる。開いてすぐの時間はまだ人もまばら。
fullsizeoutput_1086
うふ〜、とうとう来ましたよ!
fullsizeoutput_1069
売店や飲食店がいっぱいある〜。
fullsizeoutput_1088
豪華なシャンデリア!しかし広いね〜。こんなにロビーが広い劇場、他に見たことない。
fullsizeoutput_1073
大劇場内には郵便局もある。大劇場の消印付きで郵便が出せるみたいよ。
fullsizeoutput_1087
これが噂の「ステージスタジオ」だ!こちらではジェンヌと同じような扮装で写真が撮れるのだ。相方も過去にやっていて見せてもらったけど、メイクが濃すぎて本人確認できず。
fullsizeoutput_1062
皆さんご存知「キャトルレーヴ」。一応入ってみたけど、結局公演プログラムだけ買って出た。他の方々は結構な大枚叩いてお買い物なさってたわよ。



宝塚の殿堂

 開演まで時間があったので、先輩おすすめ 「宝塚の殿堂」に行ってみた。
fullsizeoutput_1091
fullsizeoutput_1082
2階は殿堂入りしたジェンヌ、演出家などの展示が。月組の大地真央氏、剣幸氏使用の衣装などもあった。こちらは撮影禁止。

3階は流されてるVTR以外は撮影可とのことで、バシバシ撮ったぜ!
fullsizeoutput_106d
いきなり歴代トップスターの写真が登場。
fullsizeoutput_1068
久世氏と風花氏は並んでいた。
fullsizeoutput_1070
涼風氏と天海氏。
fullsizeoutput_1065
久世氏同期の高嶺氏と相方贔屓の姿月氏。……どういう順番で並んでいるのか、脈絡のない掲示。
fullsizeoutput_108e
大劇場で公演中の花組が過去に使用した衣装なども。
BlogPaint
BlogPaint
こんなこともできるコーナーがあるのだ!せっかくなのでやってみた。係のお姉さんが優しくしてくれてホクホク。手に持ってる扇子?羽根?は、実際に明日海氏が使用したものとか。



この後観劇となる

こんなことをしつつ開演時間を待っていたわけだが、ひとりでも十分楽しめたよ。何もしないでロビーの椅子に座ってるだけでも、「私、今、宝塚にいるのね〜」と思えて楽しい。

宝塚南口駅を降りたのが9時過ぎ、劇場の建物が開くのが9時半、大劇場開場が10時半なので、1時間半はひとりでウロウロしてたことになる。
BlogPaint
BlogPaint
大劇場に入ってこの階段の写真を撮ろうとしてたら、係の人が「お撮りしましょうか?」と声をかけてくださる。その方、こだわり派だったらしく、計6枚も写真を撮ってくれた。
fullsizeoutput_108b
こんだけ宝塚大劇場を満喫したのだから、公演の内容がどうであれ満足だよ、という気持ち。いやいや、公演もちゃんと楽しんだけどね。一度は来てみるもんですね、宝塚大劇場。宝塚歌劇を楽しむためだけの贅沢な造り、まさに「宝塚歌劇のテーマパーク」って感じ。楽しかった〜。



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">




人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村