一昨日の観劇レポに引き続き、昨日の「宝塚大劇場をどう楽しんだか」を書いた記事も、たくさんの方に読んでいただいた。これを機会に、宝塚関連以外の記事も読んでいただけたら幸いです。

宝塚の記事が続いているが、それも今日でひとまずおしまい。今日は「宝塚観劇の際のお食事」について。 ひとりで飲食店に入るのが苦手な私が、ひとりで乗り込んだ宝塚。まったく何も食べないわけにも行かないし、せっかくならお食事も楽しみたい!はてさて、どうなったでしょうか?



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="7842646491"
data-ad-format="auto">





幕間&終演後の席の予約
 
宝塚大劇場にはいくつものレストランが入っている。開演前にはロビーで盛んにサンドイッチやお弁当が売られてたし、予約のお弁当の受け渡しもしていた。私は観劇後に大劇場の外で食事をしようと思っていたので、それらには目もくれず。

大劇場開場までもうちょっとというタイミングで「レストランでお席の予約受け付けてます」の放送が入る。そういえば、はるな檸檬氏の宝塚まんがの中で「幕間のデザートの予約をする」みたいな話を読んだな〜と思い出す。 
タクマとハナコ1
はるな 檸檬
文藝春秋
2016-07-29



 
気になったので、大劇場の入口付近に出てた2つのお店の予約受付のうち、片方のお姉さんに恐る恐る声をかけてみる。「システムを教えてください」というと、「幕間か終演後かを選んで席、メニューの予約ができる。幕間は30分間しかないので、コースメニューだと全ての料理をセッティングした状態で待っている」と教えてくれた。

面白そうなので、この予約システムを利用してみたいと思ったが、しっかりは食べたくない。予約受付の横に限定ドリンクの看板が出てたので、それを指差しながら「飲み物だけでも利用できますか?」と聞くいてみた。するとお姉さんは、非常に痛々しそうなまなざしを私に向けながら「申し訳ございません、ドリンクだけのご利用はお断りしております」とおっしゃった。……そうだよね、忙しいところ邪魔してごめんなさい。



チーズで空腹をなだめる
 
終演まで何も食べずにいようと覚悟してたのだが、前半の芝居を見ている間にお腹が空いてきた。そりゃそうだ、早朝にバスの中でサンドイッチを1つ食べたきりだもの。このままでは血糖値の低下で、後半のショーが楽しめなくなる。
 fullsizeoutput_1066
休憩になったら、とりあえず放送で宣伝していた公演ドリンクを買いに行く。甘くて美味しいけど、これだけではお腹は膨れないな〜。とりあえずカクテルを持ったまま、階下のラウンジに行ってみる。
fullsizeoutput_1080
 そこで何か買おうかと迷っているうちに、長蛇の列もだんだん短くなっていったので、腹をくくって列に並ぶ。公演デザートなるもの、お酒とそのアテなるものも売られている。公演デザートは私の目の前で全てが売り切れになった。唐揚げも売り切れ。仕方ないので「チーズ&クラッカー」を購入。
fullsizeoutput_1074
これなら包装されてるので、皿だけ返して席に戻って食べられる。そう、宝塚の劇場は公演中以外は飲食できるのだ!小林一三先生が「歌舞伎に変わる国民劇を」と宝塚歌劇を創設されたが、この辺りの慣習は歌舞伎の良いところを引き継いでいるのね。



「セルカ」をウロウロ
 
チーズでお腹をなだめて後半のショーを楽しんだ私は、本気の食事をしようと大劇場の外に出た。先輩の教えに従い、大劇場のすぐ目の前にある「セルカ」に足を運ぶ。ここには各種の小さなお店がたくさん入っているのだ。
fullsizeoutput_1061
宝塚グッズの有名店「宝塚アン」発見!せっかくなので入ってみた。久世氏のブロマイド写真があったので一瞬買おうか迷ったけど(1枚100円だったし)、あまり良いのがなかったし、買ってもめったに見ることはないだろうとやめておいた。
fullsizeoutput_1083
以前テレビで見たことある「パスタ」。宝塚ファンであるアジアンの隅田氏が長年バイトしていたお店らしい。ここで食べようかと思ってたけど、怖い顔したおばちゃんが外の椅子で待ってたので断念。
fullsizeoutput_1077
先輩ご推薦の「IZUMI」。 勇気を出して入ってみたら、真ん中の大きなテーブルしか空いてない。そしてそこは団体様の予約が入ってたとかで、つれなく断られた。
fullsizeoutput_1090
「パスタ」の横にあった「サンドイッチのルマン」。こちらもテイクアウト客含め、なかなかの盛況ぶり。朝サンドイッチ食べたから、別のもの食べたい……。
fullsizeoutput_1063
で、たどり着いたのが「ルマン」の横にある「La Kuni」。 結構本格的な感じのビストロ。ドアが開いていたのでそっと覗いたら、写真のマスターが「いらっしゃい」と声をかけてくれた。入れそうで良かった〜。

店内には、ジェンヌのお礼の葉書?ブロマイド?が大量に貼ってあった。ジェンヌもよく利用しているみたいね。ボックス席では同じく観劇直後のグループ客が、盛んにヅカトークしていたな〜。私も混ざりたかったけど、下手なこと言えないしね〜。
fullsizeoutput_106e
頼んだのは「八寸ランチ」。9種類のメニューが一口ずつ楽しめるというお得セット。ローストビーフとかラタトゥイユとかの他に、ビストロなのにエビチリがあったり。どれも良いお味。特に良かったのは、ちゃんと温めて出してくれたパン。ハーブの香りがして美味しかった〜。
fullsizeoutput_107f
せっかくフレンチなのでワインを頼んでみた。ショーのテーマもワインだったしね。シャルドネの飲みやすいワインだったけど、疲れてたのかちょっと持て余す。水をガブガブ飲みつつ、なんとか飲み干した。

お食事は美味しかったけど、お店の方々の雰囲気がなんとなく殺伐としている。15時で一旦閉まるらしく、時間になったら容赦なく掃除を始めるし。マスターがパートらしい女性に指示する態度が怖いし。客にも「食べ終わったなら、さっさと出ろ」的雰囲気を醸し出してた。



乗り間違いで疲れきり、三ノ宮駅で補給

食事をした後、もう一度大劇場に戻ってちょっとだけのんびりさせてもらう。ソワレ開演後だったので、ロビーにはあまり人がおらず、ちょっとソファーでくつろぐ。贅沢な時間〜。

その後「宝塚駅も利用しよう」と帰りは宝塚駅から乗ることに。これが間違いだった。宝塚駅からは私が乗るべき「今津線」の他に、大阪方面に向かう「宝塚線」も出ている。私は何も考えずに「宝塚線」に乗ってしまうのだった……。

かなり進んでから乗り間違いに気づき、40分以上ロスして三ノ宮駅に到着。予定では二宮の「インザドアブルーイング」に寄ろうと思ってたのに、時間の余裕がなくなり断念。代わりに三ノ宮駅付近で手軽に入れるお店を探すのだが……どこもいっぱいね。

仕方なくお土産物の売店で何か買って、高速バス待合室で食べることに。何も食べないと、また血糖値が……。
fullsizeoutput_1075
買ったのは「八天堂」。神戸にいるのに、なぜか広島土産を買ってしまう。だって……ここの売店が一番空いてたんだもん。
fullsizeoutput_1072
1つだけ買うのも気が引けて、相方用にともう1つ買ってみた。右側のが相方用のブルーベリーのやつ。
fullsizeoutput_108a
私はクロワッサンクリーム。表面にクッキー生地が付いてた。これで家に帰り着くまでの命を繋ぐのだった。

こうして私の「宝塚大劇場デビュー」は幕を閉じた。3日間に渡って長々と書いてきましたが、最後までお付き合いいただきありがとうございました!




style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">




人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村