相方がビール醸造に先駆けてやろうとしているのは「飲食業」「菓子製造業」である。のんびりしているようで、それなりになることはやってる相方、少しずつではあるが行動を起こしている。

最近2度ほど保健所に行ったらしい。「飲食店」「菓子製造業」の営業許可申請について、いろいろ教えてもらっているようだ。申請書類も作り始めている。営業許可に必要なことにひとつに「食品衛生責任者の設置」がある。これは講習を受ければ資格を取れるので、とりあえずできることからと先日養成講習に行ってきた。



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">




「食品衛生責任者」の資格
 
「食品衛生責任者」は飲食店や食品製造施設などに設置が義務付けられたものである。栄養士や調理師など、いくつかの種類の資格保持者は、養成講習を受けなくても食品衛生責任者になれる。

養成講習は都道府県が管轄して行なっているが、受講資格が県によって異なったりする。県によっては、3年に1回とかで実務講習会の受講を義務づけている。また他県でとった資格は、他の県でも有効とのこと。

「公益社団法人日本食品衛生協会」 ←各都道府県の食品衛生協会を束ねる全国組織のHP。




相方の養成講習体験

参考までに、相方の「養成講習体験」を時系列に沿って書き出してみよう。

  • ネットで講習の開催日時と場所を調べる。
    ↓
  • 一番近い開催場所の保健所に申し込み方法を電話で問い合わせる。「FAXでやり取り」と言われるも、我が家にFAXはない。そう伝えるとブツブツ言われたが、「メールは?郵送は?」と聞くと「郵送ならできる」でできるとのことで、そうしてもらう。……FAXが立派に生きてる日本社会。
    ↓
  • 申し込み書類が届いたので、記入し返送する。返送する前に「申し込みすると言ってましたけど、どうなりました?」と催促の電話がくる。書類送るまで待っててもいいのでは?
    ↓
  • 特に受講票などは送られて来なかったので、当日受講料12000円と筆記用具を持参して会場へ。
    ↓
  • 講習は9時から16時まで。昼休憩などを挟みつつ、配布されたテキストを使った座学、ビデオ学習、食品衛生検査等の情報提供などが続く。
    ↓
  • 講習終了と同時に、名前の入った修了証書とプレートが配布される。これで晴れて相方も「食品衛生責任者」になれる!
fullsizeoutput_1101



先は長いぞ

こうやって着々と外堀?は埋めている相方、しかし肝心の準備はまだまだ。場所はあるけど設備には全然手をつけてないし、何よりもっと製造能力を磨く必要がある。事業計画もちゃんと立てねばならない。

というわけで、計画の実現に向けて頑張ってくれい。



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">




人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村