昨年の久世氏のイベントで初めて知った「ファルコン」という名のギタリスト「LuzⅢ(ルースリー)」というトリオのツアーで香川に来るというので、「今度こそ!」と行ってきた。とてもとても耳福なライブで、私のつたない文章ではあるが、その感動を少しでもお伝えし布教活動?としたい。
fullsizeoutput_11dd

「ギタリストFalcon(ファルコン) HP」 
「 LuzⅢ(ルースリー)ツアー 2017 高松公演 |Facebookイベントページ」
 



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">




トリオ「LuzⅢ(ルースリー)」

今回ファルコン氏が参加しているのは「LuzⅢ(ルースリー)」というトリオである。メンバーは佐野聡氏(トロンボーン、フルート)、太宰百合氏(ピアノ)、Falcon氏(ギター)。
fullsizeoutput_11d5
「Satoshi Sano Official Web Site」←佐野聡氏のHP。

fullsizeoutput_11e4
「Pianist,Composer,Arranger YURI DAZAI」←太宰百合氏のHP。

トリオの名前は、Luzがスペイン語で「光」であり「3つの光」という意味とのこと。今年の1月に結成して東京近郊でのライブ活動から、今回名古屋、和歌山、松山、高松、倉敷をツアーで回っている。本日の倉敷公演がツアーラストとなる。

楽器だけの歌のないライブというのは、クラシックのコンサートくらいしか経験がないが、果たしてどんな演奏なのか楽しみ!



高松市中山町「Penta5on」

ライブ会場である高松市中山町「Penta5on」は、私たちも何度か行ったことのあるお店。ちょっと遠くて車でないと不便なのだが、近所にあったら通い詰めたい素敵なお店なのだ。
fullsizeoutput_11dc
「ENTERTAINMENT DINER Penta5on web」
↑来週末7月29日(土)、30日(日)には、恒例の「SUMMER FESTIVAL」も行われる。

fullsizeoutput_11d7
↑きましたよ〜。
BlogPaint
↑アメリカンダイナー風な店舗は、店主さんが仲間たちと手作りしたとのこと。ファルコン氏らはこの店の雰囲気とサブリミナル効果で、やたら「コーラ」が飲みたくなったらしい。分かる〜。
fullsizeoutput_11d3
↑お店の真ん中には大きなステージ!
fullsizeoutput_11da
↑小腹が空いてたので、フライドポテトを食べた。こちらのお店、フードメニューがとっても面白い(計3キロの巨大な「カリオストロパスタ」とか)ので、また食べにきたい!



ライブ開始!

ではではライブの模様をお伝えしよう。オープニングは誰でも知ってる唱歌「夏の思い出」のジャズアレンジバージョン。耳に馴染むメロディー、お洒落なアレンジ、ピアノとサックス、ギターの贅沢な共演。
fullsizeoutput_11df
その後は3人それぞれのオリジナル曲が続く。太宰氏によるアレンジは、3人それぞれの個性を活かしつつ宇宙的調和を感じさせる大人な音楽。客席には余裕があったから、もっともっとたくさんの人に聞いてもらいたかった!
fullsizeoutput_11d9
オリジナル曲は少年の透明感溢れる優しいメロディーのものが多いファルコン氏。今回は男前な曲調の演奏もあり、また違った魅力を楽しむことができた。組む相手で変幻自在にイメージが変わるギタリスト。早弾きの超絶技巧を披露していた時など、とても楽しそうだった。今回は目の前の席に座ったこともあり、エフェクターを使う様子なども見られて面白かった。

fullsizeoutput_11d2
今回トロンボーン、フルート、ハモニカの3つの楽器を使用していた佐野氏。この写真は手笛(ハンドフルート)の演奏時の様子。こんな演奏方法もあるのか!トリオのバンドマスター的存在らしく、メインのMCは佐野氏が担当、今回の会場も佐野氏とPenta5onとの縁で決まったらしい。楽しいMCと演奏時のかっこよさのギャップが素敵!

fullsizeoutput_11e4
アレンジは全て太宰氏によるとのこと。休憩明けの唱歌「海」も、よく知ってるシンプルな曲があんなにも壮大になるんだ!とびっくりした。南の島によく行かれるらしく、旅先で作ったという曲を聴いてると、こちらまで無性に旅立ちたくなる。華奢な身体から紡がれる音は、きっぷの良さを感じさせるキリッとしたイメージ。



演奏後!

3人とも「南の島」に縁があるらしく、楽器は違えど曲や演奏のイメージがなんとなく似ている。今の季節にぴったりなスケール感の大きな曲が、「夏!」を強く感じさせてくれる。世間の子供たちは夏休みに入ったばかり、しかし大人は通常運転な毎日。果たして私たちの今年の夏はどう過ぎていくのかしら?そんなことをぼんやり思いつつ演奏を楽しんだ。

演奏後、演者の3人が客席にきてくれてお話することができた。私たちもファルコン氏とたっぷりお話したよ!「できれば渡したい〜」と買ってきてたお土産(うどん県和三盆)も渡せた!このブログ、ファルコン氏ご本人に発見されてしまっており、「久世さんのファンなんですよね」なんて言われて赤面してしまう。SNS、ネットを介することで、才能ある方々と直接つながれるなんてすごいね!

相方の宝塚布教から始まった大人の遊びは、どんどん広がりを見せている。どこまで行くのやら、楽しいような、怖いような!
fullsizeoutput_11ff
↑来月もライブで近くまで来られるとのこと。行きたいな〜。
fullsizeoutput_11fe
↑違うトリオでのアルバムも発売されるんだって!これは聞きたい!



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="7842646491"
data-ad-format="auto">




人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村