先日岡山に行った際、倉敷の三井アウトレットパークにも寄った。目的はクラフトビールのイベント出店。
fullsizeoutput_11a1
↑クラフトビールは「吉備土手下麦酒」「awa新町川ブルワリー」「三石耐火煉瓦」が出店。
fullsizeoutput_11a5
↑ドライバーの相方を差し置いて……。

ビールのついでにアウトレットのお店も冷やかして回る。相方は食器のお店で長いこと見てたな。私はジーンズを2本購入した。
fullsizeoutput_11b6




style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">





白と黒のジーンズ
 
今回購入したのは白と黒のジーンズ、しかし白と黒のジーンズは既にワードローブにあった。シンプルライフ思考的には「用途の重複するものは買わない」が鉄則だが、どうしてこんな買い物をしたのか?

まぁ単純に買い換えたかったんだよね〜。今まで履いていたものはどちらもZARAのもので、長く履くタイプの品物ではなかった。そしてどちらもスキニータイプで、そもそもちょっとキツめだった。ZARAのパンツってどれも裾に向かって細くなってるデザインで、冷えとり靴下履きには向かないものだった。



自分を騙すのはやめよう

もともとキツかったものが、ここ数ヶ月の増量でさらに窮屈な履き心地に。無理すれば履けなくはなかったけど、ゆとりのない服をきていると却って太って見える。そしてこの歳になると、「無理してお洒落を気取る」のに割く余分な体力はない。お洒落というよりは、「痩せてる自分幻想」かな?

「服というのは、自分の体に合ったサイズを着てこそ」ということと、「サイズの小さい服を着て、自分を痩せていると思い込むのはやめよう」ということで、この度の買い換えとなった。キツい服を着て不快、不機嫌になるくらいなら、ダサくてもいいから快適に過ごしたいというのが本音。




ちょっとやりすぎたけど

今までのジーンズがキツかったので、買うときは「いつもより余裕を見て」サイズを選んだ。最近のジーンズは大抵ストレッチしてくれるので、買うときにはちょっとキツくても履いているうちに馴染んでぴったりになる。それを忘れてた。

結果的にちょっと大きすぎなサイズを買ってしまったが、それはそれで良し。どうせ冬は下着が増えるわけだし、余裕があった方が安心。(しかし毎年夏にはぴったりなジーンズが、冬だと下着が1枚増えた状態でぴったりになる。なぜ!?)

履き心地としては「ゆるすぎ」な感じだが、見た目はキツいのを履いてた時よりスッキリしてる気がする。やっぱり体のラインはさりげなくコンシャスがよろしい。ピチピチはダメ!





style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">




人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村