土用を過ぎて干された梅、その後3週間経ってもまだ干されたままただった。
fullsizeoutput_1257
 「晴天で丸3日干す」のがセオリーだが、期間中微妙な天気で家の中に入れたりしていたので、「まだ天日に当てたい」と、干し網の中で放置されたままの梅たち。



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">





しわしわの梅干し

 「いい加減どうにかしないと、しわしわに干からびてるよ」と、梅の救出を促す私。相方はやっと重い腰を上げて、干していた梅を同じく天日消毒していた梅酢と合わせる。
fullsizeoutput_1304
前に漬けた梅のふっくら具合とは大違い……。梅酢を吸ったら、もう少しふっくらするのだろうか?



かすとり梅酒の仕込み

 すっかり良い色になって完成した「梅ジュース」。
fullsizeoutput_12fd
 梅ジュースを作った後の梅の実で、今度は「かすとり梅酒」を仕込む相方。
fullsizeoutput_12ff
かすとり梅酒には「しわしわになった梅の実」の方が良いらしく、ふっくらした実は選り分けてお菓子の材料などに使用する。
fullsizeoutput_12fe
しわしわの梅の実に「ホワイトリカー」「氷砂糖」を加えて、またしばらく置いておくと「かすとり梅酒」が出来上がる。しかし……我が家ってあんまり梅酒飲まないな〜。


style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">



人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村