昨日から二泊三日の日程で「ファスティング」プログラムを体験しにきている。相方はお留守番で、私だけホテルに宿泊しながらファスティングを行うのだ!

「ファスティング」により胃腸を休め、雑事から離れることで心身を休める。相方から離れることで、お互いひとりの時間を満喫する。たまにはこういうのもいいよね〜。



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">





「ファスティング」とは?

「ファスティング」とはいわゆる「断食」のことなんだけど、健康法として行われているファステングでは完全な断食をしない場合が多い。多くは食事の代わりに酵素ドリンクや野菜ジュースを取り、食事量を減らすことで胃腸を休めたり、摂取カロリーを抑えたりする。

ダイエットや美容に良いということもあるけど、何より胃腸を休めたい。もともと胃腸は強くなく、最近はお酒や食べすぎで本当にすぐに胃腸の調子が悪くなる。ファスティングでリセットできたらな〜と思ってやってきた。

相方は家でやったりしてたけど、私には無理〜。誘惑があるとさっさと負けるタイプ。というわけで、ホテルでのファスティングをやってみることに。




ヘルスピア倉敷
 
私が今回申し込んだのは「ヘルスピア倉敷」という施設のファスティングプログラムだ。ちょっとした山の上にあるので、めっぽう景色が良い。そして、余計なこと(買い食いとか?)をする余地がない。
fullsizeoutput_1370
fullsizeoutput_1367

「ファスティングヘルス | ヘルスピア倉敷」←今をときめく?「加計学園」系列の施設!



こちらに決めた理由は「最短のプログラムが二泊三日だった」から。勤め人なので、そう何日も連続で休めないじゃ〜ん。二泊三日なら、週末とくっつけて半日仕事を休むだけで済む。

多くの施設は三泊四日以上のプログラムを組んでいる。ある程度の期間がないと、体に負担がかかったり、ファスティングの効果が期待できないためだと思う。それも分かる。でも初めてだし、これくらいのお手軽さがありがたい。
fullsizeoutput_136c





医師の監修

ヘルスピア倉敷は、設立時にファスティング界で有名らしい「イシハラクリニック院長 石原結實医師」の監修を受けている。また加計学園系列の倉敷芸術科学大学の付属施設なので、普段の運営ではそちらの医学系学部の医師が顧問を勤める。

予約すると、予約日の1週間くらい前に電話がかかってくる。最寄駅からの送迎が必要か、運動系プログラムに参加希望の場合は準備物の確認など。その後メールで質問票(簡単な問診票)が送られてくるので、記入して返送する。

質問票には病歴とか治療中の病気について書くようになっていて、事前に顧問の医師がチェックする。内容によっては、ファスティングをできない場合もあるとか。問題なければOKの連絡が来る。




明日も報告するね!

ホテルに滞在してのファスティングプログラム、かなりゆっくりしてるよ〜。昨日は到着してすぐファスティングについての講義を受け、ラドン温浴して、人参ジュースを飲んだらあとは寝るだけだった。
fullsizeoutput_136a
時間があるのを見越して重たいけどPCを持ってきたので、明日も実況的に報告するね〜。ちなみに昨晩部屋にある体重計に乗ってみたら……知らない間にかなり増量していた。明日までに少しは減るのか?


↓続きの記事
「「ファスティング」体験の実際 〜空腹は意外と大丈夫?〜」
「家でもできる「ファスティング」 〜2泊3日で学んだこと〜」



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">




人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村