週明けすぐの仕事終わり、「マーベル・コミック」映画シリーズの最新作「マイティ・ソー バトルロイヤル」を見にいった。3D映画なんて、子供の時見たアニメ以来じゃない!?



「マイティ・ソー バトルロイヤル | 映画 | マーベル公式」
 

映画のチョイスはもちろん相方。だって、相方の愛するケイト・ブランシェット氏の吹替を、これまた相方贔屓の天海祐希氏がやるという夢のような映画なのだから!



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">




 

「マーベル・コミック」シリーズを知らないまま最近作鑑賞

私たちは「ケイト×天海」が目当てだったため、「マーベル・コミック」シリーズについて、まったく無知のまま今回の映画を見た。それでも十分楽しめたが、これから見る人には、過去作品のストーリーをある程度知った状態で見ることをおすすめする。
 
映画の随所に過去作品との繋がりが織り込まれていて、他の映画でメインキャラだった人がちょっとだけ出てきたりする。映画の世界観も予め分かっていた方が、「どういうこと?」という瞬間が少なくて済むかもね。
 


「アメコミ」の世界ってこんな感じなんだ!

「マーベル・コミック」シリーズは、当然ながらアメリカの漫画(アメコミ)原作から作られている。そういう映画をあまり見たことがなかったが、これは何も考えずに楽しめて娯楽映画として最高かも!

基本「戦う」映画であり誰かが死んだりするが、全然湿っぽくならないのが凄い。基本が漫画の世界なので、主人公がピンチになっても「どうにかなるんだろうな」と安心して見ていられる。裏切られてもあっけらかん、感傷的になる瞬間がほぼない。

時々挿入されるくだらなさ満載のギャグも、素直に「わっはっは」と笑えて爽快だ。キャラクターそれぞれ愛嬌があり、悪役も憎めなかったり、とことん悪くて笑えたり。クライマックスシーンで、突然ロックが鳴り出した時には、「これはどっかのバンドのプロモーションビデオか?」なんて思ったりも。




「ケイト×天海」如何に!?

ケイト・ブランシェット氏演じる「死の女神ヘラ」、もう完璧だった。ビジュアルの完成度が素晴らしい。微笑みを絶やさずにサクッと殺す美しく最強の悪役に、ケイト・ブランシェット氏の冷たい程の美しさが良くはまっていた。

吹替をした天海氏の声優振りはというと……やっぱり「天海氏は天海氏」だった!映画のストーリーに引き込まれるまでは、ケイト・ブランシェット氏が喋るたびに「天海氏だよね〜」と思った。それでも悪役美女キャラと天海氏、よく合ってたと思うよ!
 

そんな感じで「ケイト×天海」を存分に満喫、相方もご満悦の様子。「ケイト×天海」の要素抜きにしても楽しい映画だった。「マーベル・コミック」シリーズの他の作品も見てみようかな〜なんて思っている。
fullsizeoutput_171a





style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">




人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村