ゆっくり起きた昨日の朝、「ブランチにうどんでも」と冷蔵庫を開けるも、冷凍うどんはあっても他にめぼしい食材がない。素うどんは寂しいよな〜、なんか載せたいよな〜。というわけで、さっさと出かける準備をしてうどん屋さんへ急ぐのだった。



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">





八坂神社の目の前「ふるかわうどん」
 
今回訪れたのは、木太町の老舗うどん店「ふるかわうどん」。形式的には「セルフ店」になるが、その佇まいは由緒ただしき昔ながらのおうどん屋さん。
fullsizeoutput_1824

「ふるかわうどん HP」
「ふるかわうどん | 食べログページ」



目の前に八坂神社があり、参拝者が増える正月などは「ふるかわうどんの駐車場をご利用ください」という立て看板が出される。そんな助け合い?もありつつ、ともに地元に愛されている場所なのだ。
fullsizeoutput_1825



「しっぽくそば」という選択

 お店の外には、うどん屋なのに「そば」ののぼりが見える。たまにそういうお店(中には中華そばがあるお店なんかも)があるが、こんな老舗でもやってるんだな〜。店内には「すべてのメニュー+30円でそばにできます」とあった。

最近SNSで友人Y氏が「しっぽくうどん」ばかり食べ歩くというのをやっている。「しっぽく」とは九州の「卓袱料理」からきているらしい。かがわの「しっぽくうどん」はうどんの上に、煮込んだ根菜や揚げなどがかかってるものを言う。大抵は秋冬の時期限定のメニュー。

「ふるかわうどん」でも しっぽくをやっていた。相方とふたりで「しっぽくならそばが合いそう」とかぶつぶつ言ってると、店主さんが「しっぽくそば、美味しいですよ」とオススメされる。うどんで行こうと迷っていた相方、店主さんのオススメに押されるのであった。



今回食べたもの
 
fullsizeoutput_1823
左が相方の「しっぽくそば」。友人Y氏の評価が気になるところだが、こちらのしっぽくはうどんの上に煮込んだ具を載せて出されたものに、自分で出汁をかける方式。ほんのり甘く煮込まれた根菜、ボリュームたっぷりでお腹がいっぱいになる。

そばは多分乾麺を使用いていると思われるやや太めの麺、うどんよりは細いのでしっぽくみたいに具が多い場合は一緒に食べやすいかも。根菜とそばの香りが合ってると思う。

右は私の「チーズカレーうどん」。出汁と野菜の甘みで「和風なカレー」は意外に辛かった。それがチーズでまろやかになっていて美味しい〜。

揚げ物は「ささみフライ」と「なすと卵のフライ」。こちらのお店は、天ぷらではなくフライが充実している。どちらも衣がザクザクしていて、カレーをつけながら食べたら美味しかった!




style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">




人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村