相方は片付けが苦手だ。その代わり磨き系の掃除をしてくれるので、そこは役割分担できてるわけだが。そんな話を同僚N氏としていたら、どうやら「同僚N氏=やや相方タイプ」「N氏の夫君=やや私タイプ」であることが判明。

我が家にしろN氏のご家庭にしろ、タイプの違うふたりだからこそ補い合って上手く回るということもある。しかし違うタイプのふたりの間には、決して埋めることのできない深い溝か横たわっているのだった。



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">




気になる人がやりましょう

N氏の名誉?のために言うが、彼女は決して相方のように「片付けられない」人ではない。夫君と比べると、ややおおらなかタイプというだけ。

N氏夫妻にはお子様がいらっしゃるので、快適なホームキーピングには彼らの協力も必要となってくる。帰宅後のお子様の荷物がちょっと乱雑に置かれていたとして、N氏はそんなに気にならないらしい。しかし夫君は気に入らない。「子供たちにちゃんとするように言いなよ〜」という夫君に、「別に私は気にならないから、言うなら自分で言いなよ」とN氏。

テーブルの上に書類が置かれていても、N氏は「それなりにまとまってればOK」だし、N氏なりの秩序で積み上がっている。それを見た夫君は、ため息をつきながら書類をトントンと整え、「捨ててもいいものもあるんじゃないの?」と言う。N氏は「捨てるべき時は私が捨てますから!順番も変えないで!」と言うのだった。



 
リモコンをまっすぐ置くか否か!?

その話を聞いてて、相方も「私は散らかってても困らない」とか言うな〜なんて思う。「例えば机の上のリモコンをまっすぐ置くだけでもちょっと片付いて見えるのに、いくら言ってもやらないんだよね〜」なんて言うと、「え、それやるタイプ!?、うちの旦那もそういうの気にするけど、意味ないことやってんな〜と思ってたわ」とN氏。
fullsizeoutput_1949
え、整えるって「揃える」とか「まっすぐする」とかも含まれませんか?う〜ん、こういうことも人によって感覚が違うんだなと改めて認識。相方に関してはもう諦めて、気になったら私がやるようにしている。そうか、相方やN氏にとって「リモコンをまっすぐ置く」はやる意味がわからないことなのか。



「人は自分と違うのだ」という当たり前のこと

「人は自分とは違うのだ」ということ、当たり前だと頭でわかっているつもりでも、やっぱりちゃんとわかってないのだなとことあるごとに思う。相方と私は仲良しだけど別の人間で、見てる景色も感じていることも違う。快適だと感じることも、似ているようで細かく言えば違うのだ。

常に一緒にいる人ですらこんな感じなのだから、そうじゃない人はもっともっと「違うのだ」という意識を持って接しないといけないよね。そんなことを考えた、目から鱗の雑談タイムだった。




style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">




人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村