酒は楽しく飲んでいるうちは人生を豊かにするが、飲まれてしまうと悲しい事態を引き起こす。ここしばらく、そんな事件を起こしたある人について世間が騒いでいるが、私たちもその人の番組のファンだったのでとってもとっても残念な気持ち。

相方の店はビールがメインの売り物だが、幸いにも泥酔するほど飲むお客さんはほぼいない。いや、いないことはないけど、まぁ何とかなってる。そこまで飲ませずに帰すこともできるようになって来た。




style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">




 
抑圧と解放

アルコール依存を患う方に会ったことがある。素面だととても紳士で楽しい人だが、酒が入ると警察を呼ばれてしまうほどの事態を引き起こす。根がとても真面目というか、自分自身に融通がきかない人のように見受けられた。

泥酔してしまうお客さんも、「偉そうにしたい自分」と「小心な自分」が見え隠れするタイプ。昼間の仕事では「自分の意見を通したい、でも通せない」みたいなストレスで、しんどい思いをしてるんじゃないのかな? 

酒は感情を増幅させる。酒を飲むことで、抑圧されてた部分が表に出てくるのだ。素面でも適度にガス抜きできてるとそこまでひどいことにならないけど、そうじゃないと「荒れる酒」になりがちだ。



変わらない人って?

相方は酒を飲んでも、ちょっとおしゃべりになる程度であまり変わらない。私は……説教臭くなるね〜。抑圧タイプだと思う。最近は飲んで自分が口にしたことを、後で思い出しては必ず自己嫌悪に陥る。

酔っても変わらない人って、普段から自分に正直に生きられてるってことなのかな?酒の勢いを借りてまでしゃべりたいことなんてない、ということなのだろうか。私もそういう人になりたいけど、素面の時どうすればそうなれるのかが分からない。



嗜好品に寄りかからない

酒にしても他の嗜好品、楽しみにしても、寄りかかってしまってはいけない。何かから逃げる手段にしてしまうと、せっかくの好きなもの(こと)が本当の意味では楽しめなくなってしまう。依存とは心穏やかなものじゃなく、どんどん自分を苛んで行くもの。

美味しい食事も、食べ過ぎたら味なんてわからなくなる。食べ過ぎで体を壊したら、食べたいものも食べられないし。なんでも「ほどほど」が一番。もちろん酒も。

今度泥酔してしまうあのお客さんがきたら、飲み過ぎないでもストレス発散になるお話ができたらいいな。




style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">




人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村