私と相方は、結構占い好きである。過去に何度か占ってもらった結果、私たちはなかなか相性の良いカップルであり、似ている運気と正反対の性質を持つふたりということだ。

相方がひとりで行った占いでは、「あなたはお金があってもなくても困らない」と言われたそうだ。それって小商いとする人間としては、とても良い素質なのでは〜!?しかし、「お金があって困る」というのはどういう状況だろう?




style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">




この秋、新たなステージが始まる
 
先日のGWに相方のビールがデビューし、夏に向けて醸造作業もお店の営業も忙しくなる(予定)。これからイベント出店もどんどんやりたいし、私は楽しい企画をいろいろ考えたいと思っている。

新しい波が次から次へとやってくるが、この秋にもひとつ大きな波がやってくる。先日から相方にラブコールを送ってくれていた方々と、一緒に仕事をすることに決めたのだ。それが始まるのが秋からの予定。仕事にはとても厳しいけれど、その分信頼の置ける人たちと仕事をすることで、私たちもまたたくさんのことが学べそうである。



「泊まれるビールスタンド」計画、動く

私は前々から「宿」とか「住処」に興味があるのだが、その理由のひとつに「泊まれるビールスタンドをやりたい」というのがある。ゲストハウスで「居酒屋、バー併設」みたいなところがあるが、飲み助としては「飲んでそのまま泊まれるって素敵じゃない?」と思うのである。

そんな不純?な動機も含んだ「泊まれるビールスタンド計画」、いきなり実現しそうである。「泊まれる」の部分は上記の一緒に仕事する人たちが担っており、相方の店を利用する人にもそちらのサービスをお勧めできる体制が取れそうなのだ。

想像していた形態とはちょっと違うけど、自分たちだけでは到底できない規模のビジネスであり、願ってもない話の展開にちょっと呆気にとられる私たちなのだった。



社名占いでも「天恵の多い屋号」
 
先日知人から「社名占い」なるものを教えてもらう。面白そうなので「屋号」「社名」の両方で占ってみる。 

「社名占い」← 社名、屋号を入力するだけの無料占い。

屋号は「47画」で「天恵の多い吉兆数」と出た。運の良い会社で、出資者やパートナー会社に恵まれるとある。社名は「24画」で「財産運を示す大吉数」。産業を興し、財を蓄積するらしい。起業の段階で資金が不足しても、アイデア次第で人気の商品やサービスを生み出せる……すごいな!

どうやら私たちには「運の良いネーミングセンス」というのがあるらしい。 今回の話もこの屋号、社名のお陰なのか!?せっかくの運の良さをしっかり活かして、やりたいことをどんどん実現していきたいな。





style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">




人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村