「体調管理は体温調節から」と固く信じている私、その努力の甲斐あって滅多に風邪をひかない。そんな私が久しぶりに風邪をひいてしまう。幸いそこまで酷くはなく、日常生活はこなせている。それでも昨日は仕事を早退してしまった〜。
FullSizeRender
病院に行くほどでもない(病院嫌い)ので、仕事中は市販薬で体調コントロール。最近は薬の買えるコンビニもあって便利だね!




style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">





疲れじゃなくて風邪でした

今回の風邪、やはり「寒さ」からだった。先週末、相方の店でたこ焼きイベントをやって、私も手伝いに入った。その疲れが次の日にも残っていたが、雨の中電車で「またつま」を見に出かける。 家を出た時は晴れてたので傘はなく、駅から会場までの10分くらい、小雨の中を歩いた。

「またつま」会場では、微妙な気温の中クーラーがついていた。ちょっと寒いなと思ったけど、上着を持ってるわけでもなくそのまま過ごす。これがまずかった。「寒い」と思ったらすぐ対策しないと、絶対後悔するぞ! 

明けて月曜日、職場で仕事をしながら「やたらしんどいな〜、土曜日の疲れがまだ残ってるのか?」なんて思いながら、ふとそれだけじゃない体調不良に気づく。頭がずっと痛い、なんか喉もちょっと変、全身倦怠感、微熱……風邪じゃん。



珍しく早退

今週は職場の仕事が普段より忙しい週だった。体調不良で仕事を休むことのない私だが、今週は特にちょっとくらいの風邪では休めないぞ〜。とか言いながら、昨日早退しちゃったけど。
  • 「月曜日」気分の悪さを「お腹空きすぎか?」とか思いつつ仕事をこなす。
  • 「火曜日」風邪と気づいたのでマスクをつけて出勤、出勤時に薬も買っていく。薬のお陰か、倦怠感以外はあまり気にならず、バリバリ仕事をする(途中ものすごい眠気が襲ったけど)。
  • 「水曜日」マスクを忘れて出勤(マスクしてるとみんなが優しくしてくれる……)。忙しいはずの仕事は「先方の返事待ち」状態で、やれることは朝のうちに終わってしまう。「仕事してたら気にならない体調不良も、待機状態で座ってるだけだと耐えられないかも……」と思い、お昼前に早退を決める。
 優しい同僚U氏に「お迎えは?」と聞かれたけど、相方ははるか遠い街(工場でビールのお世話)にいてそれは無理。倒れそうなほどしんどいわけじゃないので、普通に電車で帰宅。家でも横になるでもなく、小商い仕事などをこなす。



労りと戒め
 
この週末は、相方のビールデビューをお披露目するイベントが控えている。「こんな忙しい時に風邪をひいている暇はない!」とか思ったけど、「これは忙しすぎる日々への労り」と「ちゃんと体調管理しないとこうなるぞという戒め」なのかなと。

早退した昨日の午後は、ゆっくりと家事や小商い仕事をこなすことができた。家にいれば「いつでも横になれる」安心感があるので、ちょっとくらいなら動いても大丈夫。職場だと、ダラダラしたりしづらいもんね〜。

さて、今日も普通に出勤だ。先方の返事は昨日のうちに来てるかな?



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">




人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村