先日参加したビアフェスではいろんなことを学んだが、先輩方が使っている道具類にも大いに注目していた。実際にお借りして使わせていただいた中に、「これは私たちも欲しい!」と早速買ったものがある。


 
「FIELDOOR(フィールドア)| ワイルドマルチキャリー タフ/タフロング」 ←メーカーHPはこちら。




style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">





ビール樽は重いのです

ビールを売る、それは「ビール樽を運ぶ」ということだ。そしてビール樽は重い。相方は中身を詰めても自分で運べるようにと、15リットルと10リットルの樽を購入した。これ以上になると、女性としてはガタイの良い相方と言えども運べないのである。
BlogPaint
ビール樽を運ぶとき普通は台車を使うが、ある先輩が上記のキャリーカートを使って運んでいたのだ。相方もちゃっかりお借りしていたが、これがとっても使い勝手いいんだって〜。メーカーによって異なるが耐荷重が結構あるので、ビール樽3〜4本でも余裕で運べるとか。



使い勝手ポイント

このキャリーカートの使い勝手の良さには、いくつかポイントがある。

  • タイヤが太い、前輪が360度回転する
道の状態が悪くても、タイヤが太く溝が切ってあるので、安定して動かすことができる。前輪が360度回転するので、方向転換もしやすい。ハンドルも長さ調節、本体にロックなどできる。

  • 耐荷重150キロ!
150キロまで積める(そんなに積んだら運べんけど)ので、大抵のものが積めちゃうのである。タフロングタイプは厚さ5ミリの底板で補強してあるので、さらに安心設計!

  • 折り畳めて、お手入れもできる
使わないときは薄く折りたためるし、組み立て、折り畳みともに簡単である。本体生地は取り外しできるので、汚れたら洗えるのも嬉しい。


キャンプ用品として作られているが、重いものを運ぶ仕事にもいろいろ使えそう。台車と違って側面をカバーが覆っているので、ちょっとくらいなら積んだものが倒れても押さえてくれるのが良い。細々したものも、そのまま放り込めるしね〜。



これなら私でも運べるかも?

イベント出店なんかでは、いろんなものを運ぶので、これは大活躍してくれそう。筋力が平均以下な私なので、いつもなら重いものを運ぶなんて作業に使えない人なのだが、これを使えば私でもポーターとして働けるかな?




style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">




人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村