このブログでは、メールアドレスの記載がないメッセージについて、記事上でお返事させていただくことにしている。今回のメッセージも、「私の文章力のなさで、真意が伝わってないのかな〜?」というものだった。日々鍛錬である。

「高スペック女子との恋愛・結婚談義 〜同性愛が理解できなくてもいいけど〜」」
↑今回いただいたメッセージは、この記事についてのものだった。



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">




しょうこ様

メッセージありがとうございます。しょうこさんが感じたという「違和感」について、私なりに考えたいと思います。


B氏がAセクシャルだったと仮定して。その可能性はあまり考えたことがありませんでしたが、もしそうだとしても本人に自覚はないと考えられます。自分のセクシャリティが一般的でない自覚があるとすれば、「一般的な恋愛、結婚」に対するスタンスがもう少し違ってくるのでは?


異性愛の競争……すごい言葉ですね。私は厳密にはバイセクシャル、パンセクシャルなので、異性愛市場から退場したわけではないですが、現状として女性と暮らしている女性なので、「一般的な恋愛、結婚」とは違う形で生きてます。異性愛至上主義的には「落伍者」かもしれませんね。ま、そんなこと、どうでもいいですが。


差別について。私はB氏が仮に差別主義者だとして、それを折伏する気はありません。B氏本人は差別している気はないでしょうし。ただ友人として付き合うなら、差別云々ではなく、相手が不快に思いそうなことを言わない程度の気遣いが欲しい。それができないなら、付き合わなくていいな〜と思うだけです。


「精神障害者なので被差別者です」とのことですが、私は同性愛者だから「被差別者です」という気はないです。差別的なことを言われたら反発しますが、自分のあり方が「差別を受けて当然なもの」とは思ってませんから。


「理解できないものを本能的に恐れる」それは人間として自然な反応とは思います。しかし人は未知なるものへの知識と想像力を駆使して、恐れを乗り越え「理解しようと努める」「差別感情をむやみに表現しない」ことができると思います。「感情的、本能的な忌避感」を否定する気はありません。ただ「こちらを否定しないでほしい」と思ってるだけです。


「自分たちだけが差別されてると思ってんのか」これはどんな権利運動にもあることかなーと思うのですが、LGBT業界でもこういうことを感じる瞬間はあります。自分自身はよくよく気をつけないとな、他の権利運動、社会的弱者になりやすい人についても知らなければと、日々思っています。ただ私個人に関しては、幸いにも「差別されてる」と思ったことが本当に稀なのですが。


LGBTの権利運動のめざすところ、「同性婚実現」とか「性別適合手術の制度改善」とか、そういう実際的な事柄がとりあげられがちですが、最終的には「すべての人が自分らしくいられる社会の実現」だと思います。LGBT当事者とそれ以外みたいな線引きを取り払いたいのだから、その後に残るのは「線で分けられてないすべての人」であり、その全体の幸福追求。綺麗事に響くかもですが、多くのLGBT活動家の人はそれを目指しているのです。


これでお返事になってるかはわかりませんが、少しでも誤解と違和感が取り除かれることを祈ります。



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">




人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村