改めて言おう、「相方はとても性格が良い」。導火線が短く、すぐに感情的になる私と一緒に居られるなんて、相当人間の器がデカイと思われる。そして、時々私を手放しで褒めてくれる。あぁ、包み込む愛。

先日も「あなたのこういうことがすごいね」とか言われてホクホクしてたんだけど、最後に「……結局私は頭と顔が良い人が好きなんだな」と呟く相方。え、それだと何だか人間性はそうでもないって印象?性格はどうなの!?



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">





私の知性的なところ

私は「頭良さげに」振る舞うのが好き。本当は大したことないので、あんまり他人の前ではやらんけどね。相方が私の知らない言葉を使っても、その場では「知ってるふり」とかしちゃう。あとでバラして教えてもらうけど。

私がものを考えるときに常に気をつけてるのは、「自分の中の偏りを意識した上で、なるべく偏らないようにする」ということ。偏見なんて誰でも持ってる。主義主張の問題ではなく、その人の経験が作り上げる部分が大きいものだ。だからこそバランスを取りたい。

こういう私の姿勢に、相方は知性を感じるらしい。



あばたもえくぼ

顔の良し悪しばっかりは好みだから、私の顔は相方にとっては好ましいものとしか言えない。もともと老け顔なので、やっと年齢が顔に追いついてきた感じ。美容に気を使わないので、劣化は否めないし〜。

自分で自分の顔を褒めるとすれば、「鼻筋が通っていること」。世の美しい顔を見渡しても、必ず共通しているのは「鼻筋が通っていること」。これは絶対条件だと思う。鼻筋が通っていれば、他のパーツがどうあれ、それなりに美しく見える。私の顔も最低条件だけはクリアしてるかも?




まったのない性格

私の性格を一言で表すなら「せっかち」だな。何事においても「まった」がない。私の脳みそが回転するスピードに、相方にもついてきてもらいたい。話をしてても、相方の返事がちょっと遅いと、ついついせっついてしまう。

一事が万事こんな感じで、相方は「疲れる〜」って思ってるみたい。私だって誰にでもそうというわけじゃない。「頭の回転の早い(と私が思っている)相方なら、ついて来られるでしょ?」って期待があるから、それに応えてくれないとイライラしちゃう。

まぁ最近は相方のうつとかADHDのことも考慮して、前ほど辛く当たらなくはなった(と思う)よ。




10周年には何かする?

私たちの交際!は今年で9年目に突入、まだまだ互いに飽きる気配なし。10周年とかになると、記念日が苦手な私たちでも流石に感慨深く感じるのか?何かイベントごとやるか?スイートテン的な?

2年後に10周年を迎える頃には、私は勤めを辞めて相方と小商いに専念できてるといいな〜。犬とか猫とかと一緒に暮らせてるといいな〜。10周年記念に、チェコとかにビール旅行できるといいな〜。久世氏ともまんまと飲み友達になってるといいな〜。あと2年で人生はどう転がってるのか!?今から楽しみ!




style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">




人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村