この週末は「ぶどう」に惹かれてさぬき市へ出かけてきた。雨が少なく日照時間の長い香川県はぶどうの栽培に向いてるらしく、隠れた?名産品となっている。
fullsizeoutput_1c8a
ぶどう〜、甘くてジューシー、皮向いたりしなくてもすぐ食べられて好き〜。冷蔵庫にはピオーネの大きな房が2つもある。1週間くらいは保つらしいので、ちょっとずつ楽しむのだ!



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">




志度「長谷ぶどう園」へ
 
まずは志度「長谷ぶどう園」へ。デラウェア、ピオーネ、シャインマスカットの栽培をされている。こちらは観光果樹園ではないので、通常は一般の人がハウス内に入ることはできない。今回あるツアーに参加したので、特別に自分でぶどうと摘むことができた!

「長谷ぶどう園 Facebookページ」

ぶどう栽培についてお話を伺った後、好きな房を選んで自分で収穫作業!低めに作られたぶどう棚の下を、大きな房を探して中腰でうろうろ〜。
fullsizeoutput_1c8b
BlogPaint
 fullsizeoutput_1c8d
収穫したぶどうは、お店で並べる時のようにパッケージングまでさせてもらう。おぉ、立派だ!1週間くらいは保つとのことなので、「誰にもあげずにふたりで食べる」という相方の仰せに従い、我が家の冷蔵庫にお越しいただいた。




串半島「さぬきワイナリー」へ
 
ふどうのお酒と言えばワイン!というわけで、次は大串半島「さぬきワイナリー」へ。県内産のぶどうのみを使ってワイン醸造していて、今年で30周年を迎えるとのこと。

fullsizeoutput_1c8f

「さぬきワイナリー HP」



今の時期は最も工場が動いてないということで、説明を聞いて工場内を見学させてもらう。こちらの見学はいつでも誰でもできるよ〜。
fullsizeoutput_1c93
でっかいタンク!全てが相方の工場と規模違いで、ついつい「いいな〜」って思ってしまう。
fullsizeoutput_1c94
これは醸造に欠かせない「酵母」たち。みんな「ガムの容器でしょ!」って言ってた。
fullsizeoutput_1c91
隣の物産館ではワインの他にいろんな土産物が販売されている。もちろん無料でワインの試飲もできる。写真はさぬきワイナリーのワインを使った「ワインアイス」、アルコール分はすごく低いのでドライバーも安心。


 
 
ビール醸造のためにも

長谷ぶどう園の方に「ビール作ってるものです」と話したら、「ぶどうビール飲んでみたいです!」とおっしゃられた。前から地元の果物を使ったビールを作りたかったので、第一弾はこちらのぶどうで挑戦!ということになりそう。フルーツビールが好きな私、とっても楽しみ〜。

 さぬきワイナリーでも、「果物を使ってお酒を醸す」ことについて、とても役に立つヒントをいただく。いつか、香川の日本酒、ワイン、ビールを集めて「酒まつり」とかできたらいいな〜。県の人、企画して!





style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">




人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村