台風で大変だったビアフェスに、東京から一人でいらしていたお客様がいた。うら若き女性G氏、何となくお仕事の話などしていると「ライター志望なんです」とのこと。ふむー、ビールと文章書くのが好きとか、お話合いそう〜と勝手に思うおばちゃん。

「ライター志望なら、この人のツイッターフォローしてみ?」とある方の話をした。その方というのが「ライター小池みき氏」である。




style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">




レズビアン女性についての漫画エッセイ

小池氏を知ったのは「同居人の美少女がレズビアンだった件。」という、私たち的にはなかなかキャッチーなタイトルの漫画エッセイだ。



このエッセイのテーマになってるのはタレント、文筆家の牧村朝子氏、シェアハウスで彼女と一緒だったことがきっかけで小池氏が彼女のことを漫画エッセイに書くことになる。

この漫画で牧村氏、小池氏ふたりのファンになったのだが、小池氏の他の活動についてはあまりチェックしてこなかった。ただツイッターをフォローして、流れてくるつぶやきに「やっぱこの人いいわ〜」と思う程度。



書く以外の活動

G氏に小池氏のことを教えたのは、ライターの先輩であるということだけでなく、小池氏が「ライター志望者向けお茶会」を開いているから。東京在住なら、私も行ってみたいくらいだ。




「文章を書く」以外の活動も面白い小池氏、最近ラジオも始めたというので聞いてみた。これが良すぎる。一気に全部聞いてしまった。





惚れるぜ、小池氏

ツイッター以外の文章もロクに読んでなかったのに、ラジオで一気に惚れましたぜ。今考えてみたら、今までにも惚れそうなポイントはいろいろあったけどね〜。

上記の漫画エッセイにしたって、「小池氏の視点が面白い」というのも重要なわけ。この漫画で小池氏がシェアハウスについて描いてたので、私もそういう暮らし方に興味をもったり。漫画では非モテ女子って感じで自分を描いていたけど、ネットで写真見てみたら、あまりのハンサムガール加減(宝塚男役風味もある美女)にびっくり!

そしてラジオだよ〜。そのクールな話ぶり、とっても聴き心地が良い。ものの捉え方に共感できる部分が多く、「私もそうだよ!」って遠くから叫びたくなる。最近アルゼンチンタンゴにハマってる小池氏、その話するときだけ声が弾むのも可愛い。

というわけで、小池みきというライターは注目すべき面白さ!カッコよさ!です。

「CRAZY TANGO DIARY | アパートメント」 
↑タンゴを通じて人生が語られている。まずこれ読むといいかも。





style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">




人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村