やつい氏が「直島アゲイン」に出演するというので、彼の出番は見られないけど直島まで行ってきた。やつい氏の到着を待つ間、壮大に持て余した暇を埋めてくれたのはやはり「ビール」。脱水症状にならないように、大量の水も飲みつつビールのはしごをするのだった。
IMG_4373



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">





ミカヅキショウテン

初めにビールをいただいたのは、コーヒーのお店だった。お腹が空いてなかったので、ご飯メインのお店に入りづらくて困っていた。こちらのお店の前を通ったら店内にビールの瓶が見えたので、「これは救いの神!」と思い飛び込んだ。
FullSizeRender

「ミカヅキショウテン HP」



こちらでいただいたのは、直島島内でしか販売されていない「直島物語」というビールだ。醸造は岡山吉備土手下麦酒。え、岡山の醸造所なんだ!
FullSizeRender
直島は住所的には香川県だが、地理的には岡山県の方が断然近い。岡山の宇野港までフェリーで20分、香川の高松港までなら1時間かかる。便数も宇野港からだと結構あるので、岡山から通勤している人も多いとか。
FullSizeRender
こちらが店主さん。メイン商品のコーヒーは、岡山県内で焙煎されてるもの。お店オリジナルの「コーヒーTシャツ」は、有名アーティストがフェスで着用したことで大人気だとか。
FullSizeRender
お土産コーヒーも販売されていたので、ドリップパックのセットを相方に購入〜。パッケージがおしゃれ!



Cin.na.mon

「ミカヅキショウテン」で「直島物語はあるお店の方が醸造所に依頼したもので、そちらだとお土産ビールも販売している」と教えてもらう。それなら行かねばならぬ〜。
FullSizeRender
IMG_4389

「Cin.na.mon HP」



ランチをやってるお店だったのでドリンクのみの注文はどうかな?と思ったけど、お昼はがっつりご飯メニューしかないとのことで、ビールだけで許してもらう。FullSizeRender
FullSizeRender
こちらでは「生姜麦ノ酒」をいただく。吉備土手の生姜ビール、やっぱり美味しい〜。帰りがけに「お土産ビールもください」というと、酒販の免許を持ってる方が出て来てくださる。相方の店のカードなどを出してご挨拶、ビールについてしばしお話が弾む。勉強になりました〜。



麦酒島(イベント出店)

「直島アゲイン」では、フェスらしくビールのブース出店があった。こちらも岡山市内からいらしたというクラフトビールのお店「麦酒島」というお店。
IMG_4391

「麦酒島 HP」



この日は「キリンラガー」と「キリンラガーを使ったビアカクテル」「ベアードビールのライジングサンペールエール」を持ってきていた。私はベアードビールをいただく。またもや店主さんに挨拶すると、「また連絡します」とのこと。お店で出すために、樽生ビールを購入してくれるってこと!?素敵な出会い〜。
FullSizeRender
ひとりでビールを飲んでいたら、お店の方(だと思う)が「これでも食べて〜」とおつまみを出してくれた。その後もちょこちょこお話していただき、ひとりだったけど寂しさを感じず過ごすことができた。

酒に強くない私は、こんだけでもうヘロヘロ。しかし暑いさなかに飲むビールは最高だね!この夏最も夏らしいことをした1日。



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">




人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村