相方のお店で2回目となるライブを開催した。今回は、前回ライブにお客さんとしてきてくれた歌い手さんとそのご友人が出演者、おふたりとも地元香川で活躍する有名シンガーである。
BlogPaint
久しぶりに会う友人もご来店、歌を囲む楽しいひととき。正直言って身内ばかりのイベントだったけど、集まったのは皆それぞれアーティストな人ばかり。おぉ、P(プロデューサー)心が疼きますな。



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">





アーティスト自己紹介

「今日はアーティストがいっぱいだね!」ということで、ライブの後の語らいの時間、みんな順番に自己紹介してもらった。「歌い手」「DJ」「画家」「イラストーレーター」「士業(の資格を取ろうとしている人)」「うちわ職人(の卵)」「演劇制作者」「坊さん(の卵)」「刀職人(になりたかった人)」「調理師」「放送局ディレクター」「LGBTアクティビティスト」「醸造家」「ブロガー(私)」……(複数の活動をしてる人も含む)。

ここに書いた中には「それってアーティスト?」と思われそうなものもあるが、私にはどれも立派なアーティスト活動に思える。とにかく人に「それってどんなことしてんの?」と興味そそられるような、多才な人々が集まったということ。




「作る」だけがアートじゃない

「私はアーティストじゃないですが……」なんていいながら自己紹介してくれた人もいたけど、何かを作るだけがアートじゃないと思う。企画編集すること、コーディネートすること、もう人が熱量を持ってやる活動は全てアートって言っていいんじゃない?

そもそも「生きること」はアートだよ。方法はさまざまだけど、どんな人も自分の内側にあるなにかを表現しながら生きているんだよ。「人は自分の生き方を宣伝しながら生きている」と言った思想家は誰だったか。

本人が懸命に楽しんでやってることには、あるレベルを超えると「美しさ」を持つ。それが人の心を動かしもする。おぉ、アートじゃん!



「P(プロデューサー)」心

もう花開いている才能、これから芽吹こうとしている才能、そんな方々を見てると「P(プロデューサー)」心が疼くよね。「良いもの持ってんだから、もっと広く知って欲しい」「変な自意識なんか捨てて、世に出ようぜ」と背中を押し(叩き)たくなる〜。

そんな気持ちが出すぎて、同僚Y氏には「目が怖い」と言われたけど、それくらいジリジリしてるってこと。「さっさと場数踏んで、どんどん成長してくれ!」と思うんだわ。

私はというと、そんな才能を売り出すために、企画力を身につけないといけない。あと持久力ね。面白い企画で才能を世に送り出すこと、地道に続けること。四十路にして、やりたいことがどんどん出てくるわ〜。





style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">




人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村