仕事が終わったら、とりあえず相方に連絡する。相方の仕事状況で、電話に出られる日は電話を、出られない日はメールをする。

その日は予定していた作業がこなせてなくて(しんどかったらしい)、ちょっと暗い声で電話に出た。予定が押しまくりなので、ついつい心配でイライラしてしまう私。……あー、聞くんじゃなかった。




style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">





私のご飯は!?発言

醸造所で作業する日は、そのまま実家に泊まることが多い相方。相方が家にいないということは、ご飯を作ってくれる人がいないということ。

その日はイライラ切れてしまった勢いで、「今日のご飯は誰が作ってくれるの?私のご飯ない〜」と訳のわからん主張?を始める始末。「えー、それは大人だから自分で」と相方のまっとうな返しにさらに切れ返す。もう理不尽関白亭主もまっ青な状況。



コンビニ行くの、やめてよかった

理不尽に切れた日は、相方のすすめにより「炊いといて冷凍してくれてたご飯」&「レトルトカレー」&「冷食のささみカツ」を食べた。なかなか美味しかったよ。

翌日も相方が家にいない日、すぐに食べられるものがないのは分かっていたので、「コンビニ寄ろうかな〜」と過ぎったけど、「どうせ美味しくないって思うもんな」とやめた。

家に帰ってみたら、キッチンになんだか素敵なものが置いてあるじゃない!前日の私の理不尽っぷりを哀れに思った相方が、店に行く前に夕飯を作って置いてくれたのだ!



優しい焼きそば

作ってくれてたのは「焼きそば」だった。焼きそば用の麺が買ってあったし、キャベツも肉もあったからこのメニューなんだな。ソースもいっぱいあるし。

温め直して食べる……旨いよ、旨いよ〜。ソースの加減がちょうど良い、相方らしく肉たっぷり、キャベツが柔らかく甘い。あ、揚げ玉まで入ってる!面白い〜。

後で聞いたら、「キャベツは柔らかくするために、あらかじめレンチンしたんだよ」とのこと。野菜嫌いの私への配慮に溢れてるね〜、素敵。

そんな優しい焼きそばを食べて満足した私、家でもPCの前に座って小商い仕事したり、ブログ書いたり頑張った。美味しいご飯のある生活、私にとってはとても大事だな〜と思うひととき。




style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">




人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村