うどん県なんて地方に住んでるにも関わらず、頑なに?車を持たない人生を貫いている。それでも日々特に不便を感じないでいられるのは、一重に相方の車に乗せてもらえるから。いつも感謝しております。

車を運転しないけど、免許だけは持っている。実際に運転したのは、実家にいた数年の間に少々。それも免許をとって5年以上ブランクがあったので、初めは母に付き合ってもらって練習から始めたっけ。




style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">





オートマ限定

私の免許は「オートマ限定」というやつである。運動神経に自信がない、そして母が免許取得に苦労したのを見てたので、「免許なんてオートマで十分でしょ」と難易度の低い方を選択したのだった。

相方と付き合い始めてからは、全く運転しなくなった。私より酒を飲みたがる相方のために、たまには彼女の車を運転してもよかったのだが……相方の車はマニュアル車だったのだ。運転したくてもできん。


↑コペンという2人乗りカーだった。

しかし長年乗ってた相方の愛車、今年初めくらいに寿命を迎える。大幅な修理をしないと乗れなくなったのだ。修理費が高すぎたので、泣く泣く乗り換えることに。とにかくなんでもいいから安いやつを探してもらい、我が家にやってきたのがこちら。



こやつは待望の?オートマ車であった。


うん年振りの運転

オートマ車が来たとはいえ、そもそも運転したくない私、慣れない私に運転させるのもなーと思う相方、その機会はなかなか訪れなかった。それが先日とうとう!

遠方へ行く用事があった日、相方は仕事のための睡眠不足であった。それでも途中まで運転していたが、耐えきれずに休憩すると言う。「代わりに運転しようか?」と言うと、判断力の低下した相方は「お願い」と言うじゃない。

言ってはみたもののちょっと緊張、ダメそうなやめようと運転席に座ってみる。基本的な操作もおぼつかないので、いちいち相方に聞きつつ運転開始。おぉ、なんとかなりそうじゃないか。



高速道路だった

実は運転を代わったのは、高速道路のPAだった。うん年振り(8年?くらい)の運転が、いきなり高速道路って。しかし高速道路は、スピードを出すこと以外は一般道より注意することが少ない。難易度はそこまで高くないかも?

PAから出て本線に合流〜、早朝で車が少なかったのは助かった。途中一車線になるも、法定速度(その日は70キロ規制)を出すのがやっとなので、後ろの車はイライラしただろうな〜。

10分ほど走って料金所へ。高速降りてからも、ほとんど車が通らない田舎道だったので安心〜。なんとか任務を終えることができた。

これを機会に時々練習して、いざという時運転できるようにしないとね〜。




style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">




人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村