姿勢が良くなると、確実に体つきが変わる。

私はもともと猫背気味だが、顎を引き、胸を開くことを続けているだけで、上半身に厚みが出て胸が大きくなった。仙骨を立てることを心がけるようにしてからは、お腹が出なくなった(今より痩せている時でも、姿勢と筋力のなさでおなかは出てたんだよね)。

ジムに通わなくともできることはある。こうやって少しずつ、体を改造していくのだ。



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">




体の歪み
 
誰でも多少は体に歪みがあると思うけど、私の場合はそれが痛みを引き起こしたりするので困る。私の場合は「左半身が内転している」「巻き込み肩」「猫背気味」「右脚が左脚より長い」という歪みがある。

「左半身の内転」のせいで鎖骨の高さも違うし、姿勢が悪い状態が続くと骨がボコっと内側に凹んでしまい痛い。そうならないために、腕を大きく広げて肩甲骨も動かす感じで胸を開くストレッチを、1日に何度かやっている。左半身は重点的にやって、骨がちゃんと収まるスペースができたらと思っている。

この「胸を開くストレッチ」は「巻き込み肩」「猫背気味」の解消のためでもある。「巻き込み肩」は左右とも、腕をくるっと回して手のひらを外に向け腕を体に寄せるストレッチをする。これで腕が体にくっつかない人は「巻き込み肩」らしい。

「猫背」は背筋と腹筋の鍛錬で解消せねばならない。仙骨を立て、背中が丸まらないようにする。正しい姿勢を保とうとすると、背中全体が固まってることに気づく。体の背面の柔軟性も必要だな。



右脚が左脚より長い

以前整体に通っていた時に指摘されて気づいたが、私は右脚が左脚より長い。これはどうも左半身の内転とも関係している気がする。体(骨盤)が歪んでいるせいで、長さが変わってしまったのではと推測。

右の足首が歪んでると指摘されたこともあった。確かに、スニーカーやブーツなどの紐靴を履くと、タンの部分が右だけ歪むのだ。最近その指摘を思い出し、「足首ぐるぐる運動」をやり始めた。ただ足首からぐるぐる動かすだけ。お風呂なんかでやると、温まるのも早い気がする。

それだけなのに変化はある。右脚に痛みが出るようになったのだ。歪んで固まってしまったいろんな筋が、骨の場所が変わることで痛み始めたようだ。今度はその筋のストレッチに励んでいる。(やはり脚の後ろ側、あと足の裏が硬いようだ)



子供の頃の姿勢って大事ね

私の体の歪みの一端は、子供の頃の「お姉さん座り」にある気がする。あの足を横に崩して座るあれ。あのせいで、足首やら骨盤やらが歪んだと思われる。子供の頃の姿勢って大事ね。

子供の頃から体も硬くって、それは生まれつきのものなのか、運動が嫌いだったからかはわからない。でも何かスポーツをやってたら、少しはマシだったかもな〜とは思う。球技とかじゃなく、バレエとか武道とか、姿勢を大切にするやつね。

まぁそんなこと嘆いても仕方ないので、今からでもストレッチなり筋トレなりに励みます。どこにも通わなくてもできることはいろいろあるもんね。




style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">




人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村