5月8日(水)は関取花ちゃんメジャーデビューアルバム発売日だった。みなさん、購入されました?各種レコードショップで購入すると、なんかおまけついてくるみたいね。私は今回もちょっとズル?して、配信で購入〜。






style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">




安定感の向こうがわ

今回のアルバムも花ちゃんの爽やかさ全開、すこーんと晴れた空のように美しい声が舞い上がる。春らしくほんのりあたたかく、わくわくするようなスピード感。そしていろんな意味で安定感のある仕上がり。

この安定感は「メジャー感」なのか?花ちゃんの円熟なのか?今回はミニアルバムということで6曲のみの収録、全体的に同じトーンで貫かれてストンとまとまっている。もともと弾き語りの花ちゃんの歌を聴いてたから、バックの演奏に安定感がありすぎて、ちょっと面白みに欠ける印象もある。

花ちゃんの歌はあったかく聴き心地が良いのがいいところなんだけど、今回は特に「優等生な歌い手さん」な印象が強くて。んー、もっと揺らぎとか冒険とか許されてもいい気がするんだけどなー。



配信のみの「弾き語りVer」

6曲目の「嫁に行きます」は、配信のみ弾き語りVerが収録されている。弾き語りだから、時々声が揺れるのがいいね〜。「嫁に行く」というシチュエーション、家族に宛てた湿気を感じさせるメッセージ、せつせつと歌い上げる感じ、これだよ〜。

花ちゃんはおしゃべりも面白いし、キャラクターやルックスからファニーな印象があるけど、もともと歌ってた歌は結構ダークだったりウエットだったりするのだ。私はそういうややシリアスな花ちゃんも、爽やかさが目に染みるような花ちゃんもどっちも好き。シリアス花ちゃんももっとアピールしてほしいな。



ライブ!

アルバム発売に合わせて各種ツアーが行われる。香川には弾き語りツアー「60分一番勝負2019」というやつで、お店ライブが行われる。もうチケットもとった。今度のライブではお手紙くらい渡そうかな〜(と思いつつ、いつもお手紙書いてないけど)。




style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">




人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村