飽き性であるが、今のところ「家ヨガ」は続いている。PC仕事で背中が痛くなりがちなので、朝夕動画を見ながら体をほぐすのは必須の日課になりつつある。

最近はヨガ動画以外にも、整体院の先生が配信しているようなものも見ている。そういう動画は、局所的な悩み改善(腰が痛いとか)の対策をピンポイントで教えてくれるし、筋肉の構造について詳しく解説してくれるので参考になる。



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">





反り腰

最近気になっているのは「反り腰」。どうも私の就寝時の腰痛は、反り腰が大きな原因であるようだ。自分が反り腰である自覚がなかったが、壁に背中をつけて立つと、腰と壁の間に握り拳が入る……完全に反り腰。

反り腰は腰痛の原因以外にも、「お腹ぽっこり」の原因にもなる。ここ数ヶ月でなぜか体重が激増しているのだが、腰回りの肉付きの良さが半端ない。腰回りの筋肉が固まっていると、肉が落ちにくそうじゃないか!これはいかん!



立ち姿勢、寝る姿勢

改善方法をいろいろ調べてたら、「立ち姿勢、寝る姿勢が重要」ということがわかった。まず立ち姿勢、これは「つま先を60度くらい開いて立つこと」。つま先がまっすぐ前に向いているというのは、すでに「内股になっている」ということらしい。内股だと足の付け根の筋肉が伸びにくく、結果腰が伸びにくくなる。



寝るときについて、仰向けで寝る場合は枕を使わずに頭と背中をまっすぐにして寝る。横向きのときは枕を使い、肩の高さ分だけ枕で持ち上げる。脚を揃えて股関節と膝を揃えてまげ、更に間にクッションなどを挟む。



ついでに猫背、巻き込み肩の改善のために、基本的に「手のひらを外に向けて立つ、寝る」。横向きで寝るときも、腕は開いて寝るようにする。





寝起きのくま

寝相はコントロールできる。シングルベッドに2人で寝ていた期間が結構長かったので、「隣で寝ている人に迷惑をかけない」寝方を意識してたら、シングルベッド半分のスペースからはみ出さずに寝られていたもの。

反り腰&巻き込み肩改善のための寝方を知って、早速実践しはじめたのだが……。朝起きて鏡を見たら、十分な時間寝てるはずなのに目の下にくまがある。どうも寝相を意識しすぎて睡眠が浅くなっているらしい。姿勢は変わってきた気がするけど、これではいかんでないか。



起きてる時間で何とか

睡眠がちゃんととれてないのは困るので、寝相を気にしすぎるのはやめようと思う。就寝時の姿勢を正す程度にして、あとは起きてる時間の姿勢とかストレッチでどうにかしよう。

そもそも睡眠が浅いタイプ、もっと運動量を増やして、へとへとでベッドに入るくらいにした方が良いかもしれない。それならもうストレッチとかヨガとかじゃないく、ガチの筋トレ動画とか見た方が良いかもね。




style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">




人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村