ひとりでいると本当に料理しないので、食生活がとても貧しくなる。パンや麺類が多くなって、「ほとんど炭水化物」なんてことも多い。料理の習慣のない男性が奥さんを亡くすと、菓子パンばかり食べて体を壊すことがあるらしい……私も一歩手前では?

冬から春にかけて花粉症で肌がボロボロだったのも、食生活が一因だったのかしら……?急に太ってきたし、食生活を改善せねば。



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">




野菜スープは便利だね

相方がいなかったせいで野菜が溜まっていた。一度に消費するためにと野菜スープを作ってみたんだけど、これがなかなか便利なことに気づいた。料理する気力がない時は、常にこれで良いのでは?と思えるくらい。

はじめにコンソメだけとかで薄めの味に作っておけば、飽きたら調味料を足して味を変えればいい。ボリュームを出したかったら、各種麺を入れてもいい。


グルテンフリーな相方のためにこんなの買ったんだけど、カロリーもオフできるね。

弁当にも便利。朝温めなおして、そのままスープジャーに入れるだけ。今までお昼は菓子パンとかサンドイッチだったけど、それにもいい加減飽きてたんだよね。





図らずも糖質制限状態

ここ数日、大量の野菜スープと生野菜(これも無理やり消費するため)、豆腐と納豆、バナナヨーグルト
という食生活で、気づいたバナナ以外糖質らしいものを食べてないことに気づく。そういえば、やたら甘いもの(それもケーキとかチョコレートとかそういうやつ)が食べたい気がしてた。糖質が足りてないのか。

相方に「意図せず糖質制限状態だったわ」と言ったら、「ケトン臭出るよ」と言われる。おぉ、まるでダイエットしてる人みたいじゃんか(いや、してるんだけど)。ちなみにケトン臭とは、糖質制限をしすぎると発生する体臭である。

「糖質が不足」→「中性脂肪を代謝」→「油臭くなる」→
「エネルギー代謝が不完全になる」→「乳酸が増加」→「アンモニア臭」→
「脂肪酸がうまく代謝されない」→「ケトン体が生成される」→「ツーンとしたケトン臭発生」



糖質も大事ね

ケトン臭は困る。甘いものも食べたい。というわけで、今朝は朝ごはんに「トーストに大量のはちみつ」を食べようと思う。我慢しすぎて食欲がリバウンドするよりは、食べ方とかタイミングを考えた方が気持ちも楽だ。糖質を抑えるとしても、3食のうちの1食の主食をやめるくらいでいいらしい。

はぁ〜、素敵な食生活と素敵なボディの維持って大変ね。




style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">




人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村