昨日は「お手紙を書く日」だった。ワタクシ、只今宝塚月組の輝月ゆうま様にハマっており、その愛を綴ったブログを書いたところ、幾人かの先輩ファンの方から嬉しい反応をいただく。勢いづいた私は「お茶会チャレンジ」を実行に移すことにしたのだ。

お茶会参加の方法はいくつかあるようだが、私は「ファンレターにお茶会参加希望の旨を書く」という方法をとることにした。 こうすると会から連絡がくるらしい。もちろんブログに書いたようなまゆぽんへの愛も綴る。



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">





素材選びと手書き
 
まゆぽんへのファンレター以外にもお手紙、メッセージカードを手書きする用事があり、まとめて片付ける。今はネット上で文字をやりとりすることばかりで、アナログで書くのは久しぶり。手書きしながら字の汚さにがっくりするが、考えないようにして筆を進める。

アナログで書く楽しさは「素材選び」である。レターセットとかメッセージカードとか、書く素材を選ぶのが楽しい〜。まだ手書きを楽しんでいた時代のストックから、相手に合わせて「お上品風」「ほっこり可愛らしい系」「もうPCとプリンターで自作するか?」など考えながら選ぶ。



みたらし団子

閑話休題。家に前から中途半端に残った上新粉があった。パッケージ裏面に「みたらし団子の作り方」が載ってたので、軽い気持ちで相方に「作って〜」と頼む。そしたら……上新粉って白玉粉みたいに簡単に扱えないのね。




【上新粉でみたらし団子】
  1. ぬるま湯を加えて練り、まとまった生地を小分けにして20分くらい蒸す。蒸す!
  2. もっちりした生地を熱いうちにさらに捏ね、滑らかになったら棒状にして冷水につける。
  3. 粗熱が取れたら適当なサイズに切って形を整え、串に刺して焼く。
  4. 別に作っておいたみたらしのタレをかけて出来上がり。

……白玉粉だと「ゆでるだけ」だったはず。思わぬ手間をかけさせてしまった。
fullsizeoutput_1c1d
↑生地に弾力がありすぎて、「輪切り団子」になったけど、味、食感はまさに「みたらし団子」だった!

手紙も料理もアナログ作業、手を動かすのは面倒だけど、その分楽しさもある。(とばっちりな相方も、きっと楽しんでくれてたはず!)

 

style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">



人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村