相方の瓶ビールのラベル修正作業。微妙にルールが変更されており、今までOKだったところにも修正が入る。いつもいつも思うけど、なぜいちいち税務署で説明を受けなならんのだろう(行くのは相方だけど)。電話とメール(せめて郵送)で済ませられんのだろうか?足を運ぶコスト……。

文句を言っても仕方ないので、家に帰ってもオペレーション作業に勤しむ。あぁ、私ってばよく働く子(職場じゃ居眠りしてるけど)。労いの気持ちなのか、相方が夕飯を作っておいてくれてた。ありがと、いつもながら美味かったよ。




style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">




 
やる気が復活?

一時期低迷していた気分が、最近やや盛り返している。冬の間サボっていた瞑想を再開したせいか?ちゃんと真面目にやろう。

相方の手伝い関係で、最もやる気がなかった時期に制作したものに手を入れることにした。いろんなイベントで他のブースの作り方、パッケージを見ていて考えるとこもあった。相方と私の持ち味は何なのか、それを世間の流行りとどう折り合いをつけるのか、もう少し丁寧にやってみよう。

吹けば飛ぶような小さな商いだけど、だからこそすぐに軌道修正ができる。気がついたことから、どんどん改善すべし。



バーコード導入準備

現在瓶ビールは自分たちで売るか、飲食店に直接卸すしかしてなかったけど、今後は一般的な流通に乗せることを考えている。それにはパッケージにバーコードをつける必要がある。

バーコードはJANコードと言われる13桁の数字をシンボル化したものである。JANコードは登録申請料を払って事業者コード9桁を借り受け、3桁で商品管理番号とし、1桁はチェックコードとなる。申請作業自体はネットで完結できるし、それほど難しい作業じゃない。



相方が準備したJANコードから、私がバーコード作成サイトでシンボルデータを作る。この作業、JANコード登録通知書と一緒に届く書類には「印刷業者に作成を依頼」って書いてあるけど、誰でも簡単にできるよ。



あとはラベルデータに貼ればOK。上記のサイトでは、ベクターデータでも画像データでも作れるので便利。


そんな感じで少しずつではあるが前に進んでいる。現状の厳しさだけじゃなく、10年後、もっと先の未来を見据えてじりじりと進もう。 




style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">




人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村