久しぶりに足がつった。雨の中のイベント出店で、足元が冷えてしまったせいだ。まず右足がつって、いろいろやっておさまったと思ったら、今度は左足がつる。どうせいっちゅーねん。濡れた靴下を脱いで、帰りの車内でヒーターを30度設定でかけたら、なんとかおさまった。

最近の急激な気温変化には本当に参る。涼しくなってくれるのは嬉しいけど、服装や寝具の準備が追いついてないんだよ〜。もう布団厚めに変えても良い?暑さはもう戻ってこない?



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">





フィンドムの話

久しぶりに会ったL友Z氏と相方と3人でLトークの会。L界隈で話題(かどうか知らんが)の「フィンドム」の話になる。




互いの体の安全を考えて衛生的な準備をすること(もちろん避妊対策も)は、愛情とかいう前の「相手を尊重する、大事にする」という姿勢の現れだと思う。「そんな神経質な」って軽んじてしまうのは、実質的な安全性の問題ではなく、相手との信頼関係の問題。愛が壊れるぜ。



同性パートナーシップ制度の話

地元LGBT団体のF氏と電話。同性パートナーシップ制度導入に向けてどうこうという話。「田舎では制度ができても利用できる人が少ない」という問題がある。自治体に導入を働きかける時、「制度作っても使う人がいなかったら意味ないじゃん」と言われてしまうとつらい。「制度ができたらすぐにでも利用したい」と言えるカップルがいると、ロビー活動もしやすいよな〜。

同性パートナーシップ制度は、国の法律ではなくそれぞれの自治体が独自に実施している制度であり、自治体を超えた運用が難しい。多くの場合は市とか区単位なので、カップルが同じ自治体に住民票を置いてないと利用できないという問題がある。

私と相方の住民票は、同じ県内だけど別の市に置いてある。香川県としてなんらかの制度ができたら利用できるけど、市単位だと利用できない。むむむ〜。

あと、こういう制度は、利用者の有無が問題ではない。公的制度として、LGBT当事者を「存在する市民」と扱うことに意味があるので、その辺、自治体や議会の方々、よろしくお願いします。


さて、今日もイベント出店、雨降るなよ〜。できれば気温上がってくれんかな?




style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">




人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村