もうすぐ新しい命が生まれてくる。肉親の情が薄い私は、その知らせだけでは何の感情も湧かないけど、赤子を前にすると感動したりするのだろうか?

何度も言うが、進んで親になろうとする人たちには尊敬の念しかない。私なんて自分の面倒もやっとこさなのに〜と思う。それとも、親は子から発せられる何かの力によって動かされてるのかもね。赤子、神秘のパワー宿る説。



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">





新しい技を覚える
 
年末仕事、一段落。この仕事で、いつもリーダーZ氏がやっている作業を自分でやらなければならなかった。やる前は不安で億劫で、本当に気が重かった。

ギリギリになってやっと手を付ける。マニュアル片手に無駄な作業を繰り返したせいで、ものすごく時間がかかった。要領を掴んでしまえば何てことない作業、試行錯誤は大変だったけど結構楽しかったな。

働き始めた頃は全てが新しく覚えることばかり、記憶力も今よりよかったせいか、この「新しい作業を覚える」が好きだったな〜。最近は慣れた作業の安心感にどっぷりだったが、たまには脳みそに刺激を与えねばいかんね。



お茶会初参加

来月から始まる月組大劇場公演、結局チケットを確保した。というのも、愛する輝月ゆうま様のお茶会に参加することになったからだ。

というわけで、お茶会に着ていく服を考える。先輩諸氏のブログを読んでみたら、「スターさんのタイプによる」とか「結婚式の二次会風」とかいろいろ書いてあるけど、「迷ったらフォーマルめ」が良さげ。……スニーカーにデニムではダメな感じだよね。

私の場合、服の前に靴を決める必要がある。いつもは常にスニーカー、フォーマルな靴を履くとめちゃくちゃ疲れるので、極力履かないようにしてる。しかし……愛しのまゆぽんのために、靴箱で眠っている赤いエナメルパンプスを出動させるかな。

移動や観劇はスニーカーで、お茶会直前にパンプスに履き替えよう。服装までフォーマルにするとしんどいので(着替えを持って行きたくない)、どっちの靴でもいける感じのかっこいいめカジュアルを狙おうと思う。というか、お茶会の頃はどのくらいの気温なのかしら?




style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">




人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村