ビアフェス出店お疲れ様でした〜(自分も含めて)。途中雨に降られたりいろいろあったが、私たちは大いに楽しかった。このブログ読者さん(面識ある方除く)の中で、足を運んでくださった方がいらっしゃったらご一報ください!お礼に何かします。
B30E5F25-182B-430D-8FC2-3B46AABA2B2E
宿は出店者何人かで会場の目の前にある別荘を貸し切ったのだが、そこがめちゃめちゃ綺麗で快適だった!女性陣はベッドを割り当ててもらえて、私と相方はキングサイズのベッドに一緒に寝る。手を伸ばしても相方に当たらないなんて!広々!




style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">




レインボーフラッグは秘密のサイン

最近、イベント出店のブースに、さりげなく小さなレインボーフラッグを飾るようになった。今回初めてこの旗をきっかけに、顔見知りじゃなかった当事者とLGBTトークした!




LGBTという言葉が知られるようになった今でも、6色レインボーがLGBTの象徴だということはそこまで知られてないと思う。当事者、アライ含め、啓発活動に関わりがあったり、興味がある人じゃないと、この旗を見ても「ただの虹」にしか見えないはず。つまりレインボーフラッグは、「分かる人にだけ伝わる秘密のサイン」なのだ。

この旗を飾っているのは「当事者が話しかけてくれるかな〜」「話しかけなくても、応援や啓発の意図を汲んでくれるかな〜」と期待してのこと。今回話しかけてくれた人も、「もしかしてカップルかと思って」と言ってくれた。



ゆるやかにバラす方向で

私はそもそもオープンに生きてるけど、相方は完全にはオープンになり切っていない。それでも自分たちが意図しないところでじわじわバレてたりするので(当事者と分かる形でテレビに映るとか)、もうゆるやかにバラす方向でいいのかな〜なんて。

LGBTコミュニティと関係ない場所で私たちがオープンでいることは、多分啓発活動の一助になる。クローズな当事者のエンパワメントになるのではとも思う。というわけで、じわじわバレる方向で〜。




style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">




人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村