何年ぶりか分からないぶりにチキンラーメンを食す。スーパーで見かけて、つい手にとってしまった。5袋で約400円、他の袋ラーメンと比べるとやや割高。郷愁は合理的思考を邪魔する。



子供の頃は「土曜日の半ドン授業で帰宅して食べるお手軽ランチ」だった。四十路すぎて久々食べると、そのストレートなジャンク感、味の濃さに参る。かろうじて卵は入れたけど、野菜嫌いな私でも「何か具が入ってないとキツい」と思う。



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">




やっはり牧(林遣都氏)

なんだかんだ言いつつ、結局「おっさんずラブ in the sky」を最後まで見る。なるしのSPがあと2話ネットであるらしいので、最後まで見届ける所存。



見続けてたら良くなるかと期待もしたけど、結局私はオリジナルシリーズの牧(林遣都氏)が良かったらしい。今回の千葉雄大氏、戸次重幸氏も悪くなかったけど、目がね、牧を探しちゃうんだもん。千葉氏も可愛らしいお顔立ちだけど、林氏の美しさが勝ったね。

ストーリー構成も前回より散漫で、各キャラの思いをじっくり描くと言うよりは、ラブコメとして軽く楽しく仕上げてた感じだった。武蔵の春田愛は前回同様だったけど、それ以外のキャラの恋心があまりよく分からなかった。モテまくりの春田の魅力も?であったし。 




にがくてあまい
 
今週は前から気になってた林遣都氏出演作を見る。



この映画でもゲイ役なんだけど、彼にゲイをやらせたいのは分かる気がする(いちレズの勝手な意見)。見た目美しいけどフェアリータイプの線の細さはなく、身体能力が高く(スポーツ系映画出演多数)ちゃんと男臭さもあるという、なんとも絶妙な男性なのだもの。

本人は料理はしないとのことだけど、この作品でも「おっさんず」同様、料理好きな役だった。几帳面、料理好き、そういうストイックさがよく似合う。

この映画、ノンケ女性(川口春奈氏)とゲイ男性(林遣都氏)がルームシェアする話なんだけど、最後どうなるかが心配だった。安易に心通わせるなよ、と思ってたら、なかなか絶妙に収束する。そこまで深い内容の話ではないけど、川口氏、林氏、ふたりの美しい顔を見続けられるのが幸せ、という映画である。これでいい。




style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">




人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村