「元旦は水も火も使わない」という慣しがあるらしい(だからおせちを作る)のだが、我が家では全然守られず。洗濯大好きな私はじゃんじゃん洗濯するし、相方は元旦から久々パンを焼く。
CBD99EF0-4DA9-4B0A-9E43-26E0620D2F94_1_201_a
↑グルテンフリー な相方、米粉でパンを焼いてみる。ほのかにご飯を炊いた時の香りがする。
36AC1BDF-51C9-400A-98B2-E1E206F8F368_1_201_a
↑グルテンフリー でずっと使ってなかった小麦粉で、私用にシナモンロール風パンを焼いてくれる。



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">





酒造の神様

年末に大三島を訪れた目的は3つあった。



1つ目は「大三島ブリュワリー」訪問、2つ目は「大山祇神社」訪問である。
A26E240C-A948-4852-BE52-C5DF053192E4_1_201_a



こちらの祭神は伊奘諾、伊奘冉の子「大山積神」、海の神、山の神、戦の神として有名。初めて酒を神に献じたとされる神でもあり、別名「酒解神(サケトケノカミ)」とも言われるとか。酒造の神でもあるということで、相方のビール醸造の繁栄を祈りに伺う。




明るく開けた境内

寺社仏閣に詳しいわけではないが、大山祇神社は今まで私が知る神社の中でも、とても明るく開けた印象を持った。門を抜け境内に入ると、何もない広々とした場所に出る。この「何もない」感じが珍しい。
29A845F4-EBB8-4F00-8471-7867E6EDF764_1_201_a
奥には大きな楠がお出迎え。大山祇神社の楠は、国の天然記念物「大山祇のクスノキ郡」に指定されているとのこと。
8B14F761-3738-4BDB-874A-2B57DA6B9D9B_1_201_a
本殿でお賽銭&ご挨拶のお参り。美味しいビールの醸造と販売の向上を決意。……本殿の写真撮り忘れた。

本当はいろいろゆっくり見たかったのだけど、私のお腹の様子が怪しくなりそそくさと撤退。 また機会を見つけてご挨拶に来ます〜。



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">



人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村