ひたすらラジオに伴走してもらう毎日。ラジオは画面を見なくて良いので、何かをしながら聴くのにいい。家事や通勤のお供にラジオ。

最近はエレ片に加え、オードリーのオールナイトニッポンを聴いている。芸人さんというのは真面目な人が多い。オードリーだと春日氏は「わかりやすく真面目」だけど、若林氏は「フランクに真面目」。この「フランクに真面目」というのがいい。



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">




ざっくばらんが好き
 
相方のビールを売るため、毎週どこかのイベントに参加している。「クラフトビール」というのは、地元密着型フード系イベントだけでなく、ロハス系オシャレめイベントにも参加できる、なかなか潰しのきく商品だ(ロハス系オシャレめイベントは、出店者を選んだりするのだ)。いろんなイベントに出まくって分かってきたのは、「ざっくばらんなイベントの方が売れる」である。

結局それぞれのイベントに、来場者が何を求めてきているのかがポイントなのだ。飲食しにきているのか、オシャレ雑貨を求めてきているのか、ステージのパフォーマンスを見にきているのか。ざっくばらんなお祭り気分の中で飲食したい人には、ビールはなかなか良いアイテムみたいだ。



簡素で雑でも

ちょっと前に「日本人の生産性が低いのは、日本人の価値観のせい」というコラムを読んだ。



サービスが丁寧なのは確かに良いことだけど、「過剰品質だよな〜、その気遣い無用だよな〜」と思うことも多々ある。払ったお金に含まれるもの、含まれなくていいものの別もつけにくいのが現状。過剰な包装も、必要以上の慇懃な態度もいらないのに。無料のおまけが多すぎる。

イベント出店は一般店舗の営業より「簡素で雑でも許される」空気がある。サービス側と客側が同じ目線で話ができてる気がするし、少々の不便にも苦情は出ない。ああいうプリミティブな形が基本で、それ以上のサービスを求めるかどうかを選ぶ形になればいいのに。
 


style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">




人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村