3月の久世氏DS用の服は決めたのに、ついついパーティーっぽい服を検索してしまう。するとSNSでもそういう広告が流れてきちゃって、うっかりクリック。始まる葛藤〜。

気になる服を見つけてしまい、繰り返し見に行ってしまう。プチプラなのがまた困る。「これは買うまでやめんな」と観念し、出勤前の早朝にポチる。直後に人生初の捻挫。バチでも当たったか?痛みにイライラして、なかなか起きてこない相方に八つ当たり。



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">




きび麺

相方の体質のためグルテンフリーな我が家、本当に「麺」を食べなくなった。無類の麺好きなはずなのに、食べないならそれでも案外平気なものね。

たまに麺を食べたくなると、こちらにお世話になる。
 
原料は「きび、タピオカ澱粉」。タピオカの効果なのか小麦粉麺と比べると弾力があり、時間が経ってものびそうにない。風味はあまりないので、何にでも合わせやすい。和風(素麺的な?)にも洋風(パスタ的な?)にも食べられる程良い太さ。

この前は鶏肉とじゃがいもでパスタ風に食べた。具も麺ももりもりで食べすぎた。 



誰かのための料理

料理は相方の担当、気が付いたら以前より調理時間が短くなってる。作業が丁寧なタイプだから、下ごしらえに時間がかかってたのに、10年かけて手際が良くなったらしい。私が「早く食べたい」とプレッシャーをかけなくなったのも良いのか?

誰でもそうかもしれないけど、料理って誰か食べてくれる人がいるからやる気が出る。ひとりだと、限りなく調理行為が少ない食べ物を探しがち。自分のための料理は、カレー作るだけでも気合が必要。何事も「反応が返ってくる」ことがモチベーションにつながる。

私はルーチンをこなすのが得意とはいえ、これが自分のためだけに続くのなら、今ほどちゃんとやってないかも。一人暮らしだった若い頃は、今ほどマメじゃなかった。掃除の後の気持ちよさも、洗濯物を畳んでしまうちゃんとした感じも、料理の美味しさも、気持ちを共有する相手がいてこそなのかも。

相方とは10年継続して一緒にいるので、その間に「ふたりの快適の形」が培われてきてて、それで前ほど家事が苦にならないのかもねー。




style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">




人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村