4ヶ月ぶりに髪を切りに行く。美容師さん、どうも以前のオーダーを覚えてないようで、毎回「このようにしてください」と鈴木京香氏の画像を見せないといけない。前回短めにしてもらったのが気に入ってたのに、前々回時の仕上がりになった。……修正を頼めず。次回は絶対「短めで!」と言おう。

相方は前回まで「東出くんで」と言ってたのだけど、どうも言いにくいので他の俳優さんを探す。「なに食べ」のシロさん、もとい、西島さんでお願いする。みごとに「頭だけは西島さん」になった。そして顔が全然違うのに違和感がない。やっぱり腕は確かだな。




style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">




強く美しい女性たち
 
昨日1日を「獣の奏者」読破に費やす。これぞ幸せ!前半2冊は、主人公の成長と獣との触れ合いを楽しみながら一気に読み進む。後半2冊は大人の事情の話が続く、爽快とはいかなくなる。主人公の子供も登場するのだけど、どうもこの男の子の言動がイライラさせる。


 
5冊目は外伝で、本編で描かれなかった各時代の話。主人公他、主要女性キャラの恋愛話が主に描かれ、どの女性も道ならぬ恋に身を投じる。それぞれ大変な状況なのに、熱に浮かされるのではなく自分のなすことを冷静に見ている。やはり上橋氏の描く女性キャラは素敵だ。


ユニフォーム作り

相方が結構前から「イベントで着るTシャツを作りたい」と言ってたんだけど、やる気が起こらず放置していた。とりあえず小ロット(私と相方の分2枚)でも作れる業者さんを探し、元となるTシャツや入稿方法などをチラチラ見る。

「獣の奏者」 を読み終えた夕方から、重い腰を上げて取り掛かる。やり始めたはいいけど、いつもながら相方から細かいオーダーはない。適当に作って画像を送りつけつつ電話で打ち合わせ。ネットで「Tシャツ デザイン」とか検索して、好みの雰囲気を探っていく。

あーだこーだ言いながら、私はその場でラフを作る。相方のアイデアを適当に形にしたり、私のアイデアを盛り込んだり、なんとなく合作的な感じで完成。お洒落かどうかはわからんが、なかなか面白いのができた気がする。その場で発注、届くのが楽しみだ。 


さて、今日も1日私は外出しない予定。今日は何をしようかな〜?



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">




人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村