DSが延期となった久世氏だが、ドラマ出演情報が飛び込んできた。



 

高級マンションで事件が発生、くせのありそうな住民たちが容疑者なのかな?という感じ。シチュエーションはもろ某人気ドラマそのままだわね。久世氏は住民の女優を演じる。予告みたら、黄色の服着せられてた〜。



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">





病院経営ドラマ

このクールは3つのドラマを見ていた。中山七里氏原作「連続殺人鬼カエル男」、天海氏出演の「トップナイフ」、同じく医療ドラマ「病院の治しかた ドクター有原の挑戦」。「トップナイフ」以外は最終回を迎えた。

「病院の〜」は病院経営というあまりない切り口でなかなか面白かった。演出が古臭い、役者がほぼ皆常に同じ表情、ご都合主義が否めないなど、いろいろあったけど。



医者としては一流だけど経営は素人なはずの前々院長の息子(現院長:小泉孝太郎氏)が、経営破綻目前の状況から問題をひとつひとつ解決し病院を再建していく。この息子がまぁすごい。よく相方が「ひたすら何かを作ってる動画」を見てるけど、このドラマはそういうのに似た爽快感があった。



 BLか、スポ根か

最終回、相方と一緒に見ながらツッコミが止まらない。院長と事務長(高嶋政伸氏)は刑事物で言えばバディみたいな関係。最後の最後でふたりの愛が燃え上がって、燃え上がって(※ともに妻帯者)。他にもメインバンクの副頭取と前院長のやりとりが、ともに甲子園を目指した仲間みたいな雰囲気出しまくりだったり。とにかく「男同士の愛」がそこここで萌え(燃え)まくっていた。

ドラマでも映画でも、登場人物の大半が男性というのはよくある。 そしてストーリーがどんなでも大抵、仇同士とか憎しみとか執着とか形は様々あれど、「これは愛でしょ」という男同士の結びつきが描かれる。大抵男同士。同じようなシチュエーションが女同士で描かれても、「愛でしょ」とは思わないんだよな〜。なんでだろうね。 

最近ラジオとかテレビとかで、芸人同士がお笑いについて語るトークを聞いてると、同じような「いちゃつき」を感じる。過剰な褒め合い。こういうことがつい最近まで、日本中の酒場で繰り広げられてたんだろうな〜。



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">




人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村