ここ最近、毎日ミニマリスト動画をBGMがわりに流していて、めちゃ影響されている。動画が断捨離を加速させてるのは間違いない。私はミニマリストになりたいわけじゃないけど、彼らの工夫や考え方、厳選された所有物は参考になる。

ミニマリストたちに共通しているのは「色数の少ない家」「無印良品好き」「(ものが少ないので)床が広い」などいろいろある。その共通点の中で、私も真似したいものができた。



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">




床拭きロボット「ブラーバ」

私がミニマリストたちに影響されて欲しいなと思っているのは、床拭きロボット「ブラーバ」である。床に物を置かないミニマリストならではの所有物。私も限りなく床置きのものを減らして導入したい!週末の掃除が楽になるし、部屋が綺麗な状態で保たれる時間が延びる!



ミニマリスト所有のお掃除ロボットは、なぜ「ブラーバ」なのか。同じiRobot社製のロボットにはルンバもあるが、「ブラーバ」それも「ブラーバジェット250」でないといけないらしい。

【ミニマリストが「ブラーバジェット250」を好む理由】
  • ルンバ他の「吸い込む系」ロボットは大型で音も大きい。
  • 「ブラーバジェット250」はブラーバシリーズの中で最小サイズ。形が四角、色も白系。
  • 「ブラーバジェット250」アダプターを外して充電するタイプで、充電ポートがない(←充電ポートは部屋に余分)。
  • 吸い込む系掃除機を使わなくても、ブラーバの床拭き機能だけで十分きれいになる。


資金計画

私がブラーバジェット250の購入を検討し始めたのは、お掃除ロボットの中でも意外とお手頃価格だったから。3万円前後で買えるのだ(他のタイプはもっとお高い)。イマドキ、普通の掃除機でも結構お高い。ロボットで3万円なら安いかも。



掃除機としてお手頃でも、3万円の買い物はヨイショがいる。そこで、購入資金を「メルカリ&ジモティ」の売り上げで賄おうと考えた。お金のために始めたわけじゃない不用品販売だけど、意外とお金になっているのだ。めざせブラーバ、目指せ3万円!



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5869483790913921"
data-ad-slot="2637820497">




人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村